bit

大粒の納豆はなぜ少ない? なぜ高い?

納豆の主流が「小粒」になったのは、「中粒以上のものを、たたいて納豆汁にしていた」時代を経て、明治時代に水戸で収穫される早生の小粒納豆が人気となったという歴史的な経緯があるそうだ(コネタ参照)。

その一方で、「大粒納豆が好き」と言う声も、ときどき耳にする。大粒の場合、一粒ずつ噛みしめて食べる満足感が大きいし、まさに「豆」という感じがするし、小鉢に盛って塩で食べたりするのも楽しい。
ところが、スーパーなどで売られている納豆には、大粒のものは非常に少なく、棚の隅のほうにあったり、値段も高かったりする。これは何故なのか。

一部では「小粒は輸入大豆で、大粒は国産大豆を使っているから」なんて説もあるようだが、「国産大豆」をうたっている小粒納豆は多いはず。
理由について、全国納豆協同組合連合会の担当者に聞いた。

「大粒の販売が少ない理由には諸説ありますが、いちばん大きなものは、やはり小粒ニーズが多いことだと思います」

全国納豆協同組合連合会による「納豆に関する調査」(2011年6月24日)によると、納豆の食べ方として最も多かったのは、「ご飯にかけて食べる」の計72.1%。
同調査によると、「最も好きな『豆の大きさ』」は、「小粒」が38.9%、「中粒」が24.1%という結果になり、なおかつ「女性は男性に比べやや小粒を好む傾向がある」ことや、「『極小粒』~『小粒』が55.2%を占める(男性では47.3%)」ことなどがわかったそうだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク