bit

フランスにある“巨人”の町とは

フランスにある“巨人”の町とは
カルカッソンヌの城壁
南仏にある町カルカッソンヌが日本からの脚光を浴びている。総延長3km、52の塔を備える2重の壁で囲まれた町(シテ)の偉容が、『進撃の巨人』で登場する光景にそっくりだというのだ。

『進撃の巨人』とは別冊少年マガジンで連載中の漫画で、突如現れた人間を捕食する「巨人」との戦いを描いた物語。圧倒的な力の差から絶滅の危機に陥った人類は3重の壁を築き、その中で暮らすことにより巨人から逃れていたが、その壁の一角が破られて……というところからストーリーは始まる。

そこで現地からコネタ視点で『巨人』的なものを探してみた。

カルカッソンヌの城塞は丘の上に築かれている。壁自体も大きいが標高差も含めたらかなりの高さになるので、この壁をどうこうできるとは思えねぇ威圧感はかなりある。町から聞こえる鐘の音を聞きながら、正面の門から壁の中に入ると、壁内は中世の街並が保存され『巨人』で主人公が暮らす町のようだった。

これだけでも世界観は十分だと言えるのだが、これは写真からでも分かっていたこと。何の成果も得られないことにならないように、『巨人』を体感できる(こじつけられる)ものはないか探した。そこで見つけたのがこれ。カルカッソンヌ城塞の要、コンタル城内にある城壁のジオラマ! ……ひでぇもんだな、と思わないでほしい。触れられないように仕切りはあるが、超大型巨人目線で壁を見下ろせるのだ(ただし大人だと目線は高過ぎるのだけれど……)。さらに座学を生かして解説文を読むと、『巨人』のストーリーにも劣らない悲運の歴史がカルカッソンヌにあった。

あわせて読みたい

  • なぜフランス人は雨が降って傘を差さないのか?

    なぜフランス人は雨が降って傘を差さないのか?

  • 納豆は故郷の香り!? フランス人が納豆を好きなわけ

    納豆は故郷の香り!? フランス人が納豆を好きなわけ

  • コネタの記事をもっと見る 2013年6月25日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース