ソーシャルゲームの『艦隊これくしょん -艦これ-』が面白いんです。
ぶっちゃけ、斬新ではないです。
でも楽しい。評判もいい。かわいい。
これ、原点に帰ったゲームとして、よくできてるんです。
 
1・そもそもガチャがない
ガチャガチャがありません。
たいていのソシャゲは、レアカードひくためにお金がかかったのですが、それがない。
逆に言えば、お金で解決できません。自力でなんとかするしかない。
 
艦隊は、時間と任務によって増える「燃料」「弾薬」「鋼材」「ボーキサイト」と、任務で手に入る「開発資材」で作ります。
分単位で増えるため、普通に遊ぶ分には、仕事中にでもほっとけばがんがん増えます。

これを使って、自分の好きな艦船を作るのですが、ここがちょっとミソ。
秘書艦とよばれる表示されているキャラ、資材のバランス、司令部レベル(自分自身のトータルレベル)によってできるものが変わります。うまくやれば、そこそこ欲しいものを狙えます。
コツコツと人力で、試行錯誤しながら、建造する。
最初はテキトーでもいいです。意外なものできたりしますから。
なんかちょっと懐かしいのよ、この手探り感覚。ファミコン時代を思い出します。
 
お金を注ぎ込んでも、買えるのは資材と短縮アイテムだけ。
欲しい艦隊を揃えるには自力プレイしか無い。ゲームの「当たり前」に戻りました。
 
2・育成ゲームの基本に立ち返る
一見ものっすごく複雑です。一見。漢字多いんだもん。
やれ大口径主砲だ、魚雷だ、対空機銃だ、駆逐艦だ、水上機母艦だ。ネタを知らないと超混乱します。