review

今夜金曜ロードSHOW「猫の恩返し」には、宮崎駿の後継者問題が隠されている?

風立ちぬ公開記念2013年ジブリの夏!っつーことで、7月19日の「金曜ロードSHOW!」はジブリ作品『猫の恩返し』だ。
そこで『猫の恩返し』を楽しむために4つのポイントをピックアップしてみた。

■バロンはどうして小さいの?
『猫の恩返し』は、『耳をすませば』の主人公・月島雫が書いた物語という設定。
西司朗がドイツからもらってきた30センチほどの猫の人形がバロン。
だから他の猫たちと違って、小さな比率で存在するのだ。

■監督はどうして宮崎駿じゃないの?
ジブリ作品なのに監督が宮崎駿じゃない。高畑勲でもない。
森田宏幸監督だ。
新人、いきなりジブリ作品、いきなり監督。
けっこうな無茶だ。どうして、こうなったのだろう。
ことの起こりは1999年。
「猫のキャラを使った20分ほどの作品をつくってほしい」とスタジオジブリに依頼がきた。
あるテーマパークからの企画だ。
宮崎駿は、この頃、こう考えていた。
我々はもう年だ。新しい担い手を育てないといけない。
テーマパークの企画はぽしゃってしまうが、45分ぐらいのスペシャルモノとして新人にまかせようと考えた。
『となりの山田くん』で活躍した森田宏幸が抜擢される。
森田は、まる九ヶ月をかけて絵コンテを描く。
これを観て、鈴木プロデューサーは驚く。
このときの様子を鈴木プロデューサーは、「『猫の恩返し』誕生物語」(『猫の恩返し』DVDに収録)でこう語っている。
「宮さんに言わなきゃいけないわけですよ。それで説明するときに……。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「金曜ロードSHOW」に関する記事

「金曜ロードSHOW」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「金曜ロードSHOW」の記事

次に読みたい「金曜ロードSHOW」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年7月19日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。