bit

食べるセロハンテープ? 韓国懐かしの駄菓子

食べるセロハンテープ? 韓国懐かしの駄菓子
オブライトロール(食べかけを袋に戻した写真で恐縮です)。パッケージを見ると、原材料の98%がトウモロコシ澱粉、希望小売価格は200ウォン(約17円)とある
韓国の人からすごいビジュアルのお菓子をもらった。半透明の薄い帯状のものが、直径3センチほどの円筒形に巻き上がっている姿は、まさに小さなセロハンテープなのだが、これが何と食べ物だという。

その人に食べ方を聞くと、半透明のテープを長く引っぱり出し(外側から引っぱり出すより、筒の部分から引っぱった方が出しやすいとのこと)、ある程度の長さでちぎり、おもむろに口の中に放り込んだ。傍から見ても、セロハンテープを食べている変わった人にしか見えない…。

筆者もさっそく挑戦してみた。最初は口内で激しくガサガサするが、すぐに唾液でヌルっとした感じになる。これは自然の食べ物にはあり得ない食感だ。味はほとんど感じないが(韓国の人も、「何の味もないですよ」と話す)、ケミカルな食感と外見に慣れてくると、奥から控えめな甘みが感じられる気がしないでもない。

パッケージに書かれた「オブライトロール」という商品名を見て分かったのだが、これは日本で言うオブラートだ。しかし薬や飴を包まない状態の、素オブラートをもりもり食べたことのある人が、果たしてどれくらいいるだろう。

しかし、オブラートに包まれた柑橘系の「ボンタンアメ」が好きな人なら、一箱分の飴からオブラートをはがして、飴だけ・オブラートだけを一気にほおばりたいと思ったことがあるのでは? そんな子どもの頃の憧れを半分かなえてくれる夢のお菓子……と言えなくもない。

韓国では子ども向けの駄菓子は、日本の駄菓子屋と同様に、学校の前の文房具店でよく売られていた。しかし、カラフルで安価な駄菓子は健康に良くないとされ、やがて「不良食品(プルリャンシップン)」と呼ばれるようになった。最近は見かける機会も減ったが、そうした駄菓子は現在、大人たちにとっての「懐かしのお菓子」というポジションで 販売されている。

あわせて読みたい

  • 喉のイガイガには「0.3ミリのトローチ」で

    喉のイガイガには「0.3ミリのトローチ」で

  • コネタの記事をもっと見る 2013年8月16日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら