一時のお笑いブーム終焉後、ネタ見せ番組が減っている昨今。
そんななか、リアル10代が「学校コント」をやってのける番組がある。

ジャニーズJr.や乃木坂46メンバーなど、10代のアイドルやタレントたちが多数出演するNHK Eテレの教育バラエティ番組『Rの法則』において、4月からスタートした恒例企画「あ~るあ~る1グランプリ2013」だ。

視聴者から投稿された“学校あるある”をもとにしたコントに、10代のアイドルやタレントで構成された「R's」のメンバーが挑戦するのだが、「あるある」ネタでありながら、「こんなヤツ絶対いねえ!」と思うような濃いキャラが登場したり、シュールなオチがあったりと、なかなか力の入ったものになっている。
10代のアイドル・タレントたちがどのようにコントに挑んでいるのか。収録現場をのぞかせてもらった。

学校セットが組まれたスタジオ付近では、出演者たちの黄色い声が飛び交っていて、実際の教室風景のよう。
「R's」のメンバーに、「コント師」として知られる芸人・TKOが加わったところで、収録がスタートした。

多数のカメラと多数のスタッフが取り囲むなか、通しとカメラリハーサルを経て、本番が行われるが、終始リラックスした空気だ。
セリフはもちろん、動きなども台本で指示されているものの、基本的にコントは素人だらけの10代のアイドル・タレントたちが、イキイキと「素」に近い感じで演じている。

テレビドラマやコントで出てくる「撮影現場」は、「はい! カット!」→「キミ、そこがちょっと違うんだよねえ。もっとさぁ~」なんてやりとりを何度も繰り返すものだが、出演者はのびのびと自然に動き、合間にスタッフが何度も綿密な打ち合わせ・調整をして作り上げていく。