bit

なんと30色! カラフルでカワイイ甲州だるま

だるまの色というと赤が定番だが、先日、30色(!)もの甲州だるま「KOSHU~(COLOR)DARUMA」(甲州カラーダルマ)が発売された。

約400年の伝統を誇る山梨の伝統工芸品「甲州だるま」に30色ものカラーバリエーションを用意したのは、山梨県の伝統工芸や地域産業資源にデザインの要素を加えた新プロダクトを提案している「カガヤカ」プロジェクト。

武田信玄がモデルといわれる甲州だるまは、全国に数あるだるまの中でも、気品・風格が日本一との呼び声が高い。だが近年、その生産数は減り続けている。
「周囲にいる同世代の人にだるまについて聞いてみると、どこに置くの? どこで買えるの? など、ほとんどの人がだるまの正しい知識を知らない。そこでまずは、だるまを手に取ってもらうことを目標にしました」
というのは「KOSHU~(COLOR)DARUMA」を手がけたカガヤカ代表の仙洞田知紘さん。ちなみに仙洞田さんは30代だ。

「ものを買うときに十人十色で好みが分かれるのが、まず色。そこで想像を超えるほどのカラーバリエーションを用意すれば、最低限、色の需要には答えることができるのではないかと考えました」
たしかに30色は想像の範囲外! 甲州(山梨)から全国へ発信していくという目的から、商品名は「KOSHU~(COLOR)DARUMA」とし、「~(から=COLOR)」に「色」の意味も込めている。

カラーバリエーションやパッケージデザインには現代的なアレンジを加えつつも、ベースはあくまで伝統的な「甲州だるま」であるのも特徴だ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク