review

【『ライフ』『リミット』のすえのぶけいこ新作『HOPE』は炎の漫画家マンガ】

【『ライフ』『リミット』のすえのぶけいこ新作『HOPE』は炎の漫画家マンガ】
『HOPE』(2巻)すえのぶけいこ/講談社
過激ないじめ描写と展開の読めなさで目が離せなくなる『ライフ』、極限状態で少女たちがどう生きぬくかを描いた『リミット』。どちらも大きな話題を呼んだ少女マンガで、『ライフ』は北乃きいと福田沙紀のドラマ版を記憶している人も多いはず。『リミット』も現在桜庭ななみ主演のドラマ版が放映中だ。

その作者・すえのぶけいこの新作『HOPE』は、『ライフ』『リミット』とは違った意味で手に汗握る少女マンガだ。今年3月より『別冊フレンド』で連載がはじまり、8月13日にはコミックス2巻が発売された。

『ライフ』と『リミット』で、すえのぶけいこは閉鎖的空間と生きるか死ぬかの状況の中で、主人公の少女たちが何を選んでいくのかを描いていた。一転して『HOPE』では、「漫画家になりたい」という主人公・夢野ひかりのまっすぐでひたむきな姿を描いている。

「漫画家マンガ」といえば『バクマン。』(ジャンプコミックス/原作・大場つぐみ、作画・小畑健)と比較しながら読んでみると興味深い。基本的に『バクマン。』では登場人物のチームプレイと仲間との切磋琢磨によって物語が進むのに対し、『HOPE』は(今のところではあるが)徹底的に個人プレイだ。

一時的に夢野ひかりに手を差し伸べてくれる相手がいても、次のステップに進むにあたって周囲の人物が入れ替わる。理解し合うことができないと思っていた相手が支えてくれたかと思えば、戦友だと思っていた相手が次には嫉妬の眼差しを向けてくることもある。

あわせて読みたい

  • 【猫と関西弁の組み合わせはかわいいの二乗『まめねこ あずきとだいず』】

    【猫と関西弁の組み合わせはかわいいの二乗『まめねこ あずきとだいず』】

  • 主導権を持っている子を先生の味方につけるのは常套手段『こどものじかん』私屋カヲルに聞く1

    主導権を持っている子を先生の味方につけるのは常套手段『こどものじかん』私屋カヲルに聞く1

  • レビューの記事をもっと見る 2013年8月28日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら