bit

お年寄りに人気? 東京都北区の古工場を改装したカフェ「ODEON shokudo & cafe」

お年寄りに人気? 東京都北区の古工場を改装したカフェ「ODEON shokudo & cafe」
築50年の工場をリノベーション。内装には廃材を利用している。
グルメ本やドラマの影響で、あらためて注目を集めるようになった東京都北区。いつもにぎやかな商店街を中心に、安いもの・面白いもの・美味しいもの・そして人の暖かさがあふれている。そんな北区で今話題なのが、西が丘に築50年の工場を再生して作られたカフェ「ODEON shokudo & cafe」だ。7月末にオープンして2カ月弱、老若男女問わず人々の憩いの場となっている。

「ODEON shokudo & cafe」は、十条駅から姥ヶ橋方面に歩くこと15分、落ち着いた住宅地のなかにある。元ガラス倉庫だったという白っぽい建物は、こざっぱりとした佇まいだ。だけど扉を開けてびっくり! 広々とした天井にシャンデリア、木製の壁板、壁一面の黒板に書かれた手描きのメニュー表。コンクリートの床やむき出しの雨どいに工場らしい無骨さを残しつつも、思った以上に明るい雰囲気だ。店内に飾られたアンティークのランプや、ひとつひとつデザインが異なるテーブルやソファも、インテリアショップにいるようで楽しくなる。
伊予弁が素敵なオーナーの安田さん、メニュー担当の和賀登(わがと)さんも、とても気さくで素朴な方だ。お2人のほかに4人のスタッフがおり、計6人で運営しているとのこと。オープンの経緯やこだわりなど、たくさんのお話を聞いてみた。

日曜大工好きが興じてカフェづくりへ
建築関係だったお父さんの影響で、昔からものづくりが好きだったという安田さん。昨年末「古い建物をリノベーションしたカフェを作ろう」と決心し、音楽仲間に呼びかけて店づくりを開始する。「すべて自分たちの手で作り上げること」をテーマに、内装はできる限り廃材をリサイクルして、各地で古物のインテリアを買い付けた。壁板の1枚まで、丁寧に手をかけている。そのせいか、田舎の古い家のように居心地が良い。

あわせて読みたい

Excite Bit コネタの記事をもっと見る 2013年9月4日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース