あのさあ、『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の来場者特典が「泣いてもいいんだよティッシュボックス」とかさ、そういうのやなんだよ!
「試写会で83%が泣いた」とか、そういうの! やなんだよ!
「泣ける」とか「感動作」とかついてる映画がすごい苦手なぼくです。こんにちは。
だってさ、先に言わないでくれよ!って思うじゃん。それなら意地でも泣かないからねふざけるな!ってなるじゃん。
よし勝負だ。『あの花』の映画を見て泣かなかったらぼくの勝ちだからな。ほこたて。

開始5秒で負けました。

いや、これは作りがずるいよ。
これは、作品に出てくるキャラと「再会」する映画なんだもんなあ。
切なさとか悲しさとかじゃない、懐かしさでこみ上げる物がある作りなんだもん。
そうきたか。そっちはガードしてなかったからなあ。

舞台は、TVアニメの一年後の世界。
あくまでも、再会と成長のノスタルジックをしみじみ噛みしめるための作品です。
なので本編を見てから行ってください。
見ないでもまあ、演技が面白いので楽しめなくはないですが、ちと乗り切れない映画になるかもしれません。
概要はこちら。
大人がアニメに泣かされる!『あの花』がついに映画化(Excite Bit コネタ)

そもそもこの作品、ただの総集編になるはずでした。
完全にテレビの話をつなげて、カット描き変えて、おんなじストーリーにする+めんま(本間芽衣子)視点をいれる、というのが当初のもの。