bit

「トランスフォーマー4」のエキストラをしてきた

以前にもコネタで伝えたが、シカゴ市役所内には映画部なる部署がある。そこでハリウッド映画やテレビドラマシリーズなどの撮影サポートなど、ありとあらゆるロケに関するバックアップが整っていて、市にとっても大手映画会社にとっても好環境な場所らしく、スタジオ以外でもロケ撮影など忙しくしている。

そんな映画部から大々的に「エキストラ募集」の広告がローカルのニュースやネットで流れた。前回が最後だと思っていた「トランスフォーマー」「4」のエキストラだという。

募集要項を見てみると、「香港シーン」とありアジア人を大量にエキストラ雇用したそうな感じ。噂ではシカゴの一部を香港にしてしまうアイディアがあるらしい。NYやカリフォルニアに比べ、シカゴはアジア人が少ない。ハリウッド映画(エキストラでも)に出演できる大きなチャンス!

ということで応募してみると、数週間後にメールで衣装合わせの連絡が入る。やった! アジア人が幸いしたようだ。市内にあるフィルムスタジオの衣装部屋で、とりあえず身分証明証やらパラマント映画の規約書を渡され、厳しい契約にサインをした。そこには、当然だが俳優に話しかけたり、写真を取ったり、セットやその他の写真も厳禁。そのほか、お給料の税金に関する書類記入等があった。どうやらお給料も貰えるらしい。(8時間までは$66。その後は残業代として1.5 倍の時給)。

エキストラに衣装合わせなんて必要あるのだろうか? と思っている間にサイズを計られ、衣装さんがスーツを持ってきてくれる。「じゃ、これ着てみて?」「あっ、これが靴ね」と。ハイヒール。スカートのスリットが割れすぎていて「見えすぎませんか?」と言うと「こっちに来て~」と裏に連れて行かれた、そこは縫製ルーム。待機しているお針子さん達が袖の長さから何からさっと直してくれる。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク