review

バレンティン、ホームラン日本記録の達成の裏。ついに「乗り越えられなかった選手」たち

バレンティン、ホームラン日本記録の達成の裏。ついに「乗り越えられなかった選手」たち
宇佐美徹也『プロ野球 記録・奇録・きろく』(文春文庫、1987年)<br />パ・リーグの記録部員や報知新聞の記録記者などの経歴を持つ宇佐美は、プロ野球についてデータを駆使した記事や著書を多数発表している。本書所収のコラムで著者は、1985年、王貞治のシーズン本塁打記録(55本)にあと1本と迫った阪神・バースに対し、敬遠攻めで応じた巨人投手陣や首脳陣を痛烈に批判している。
東京ヤクルトスワローズのウラディミール・バレンティンが、9月15日の阪神タイガース戦で、シーズン56号・57号となるホームランを相次いで打ち、王貞治らの持つ日本プロ野球記録を更新した。

記録は塗り替えられるものとはいうけれど、読売ジャイアンツ時代の王貞治が55号ホーマーを記録したのは1964年(東京オリンピック開催の年!)と、じつに49年間も破られなかったことになる。王の前の日本記録である野村克也(南海ホークス)の52本は、その前年の1963年に出たものだから、今回の記録更新までかかった時間はあまりに長い。その間に王の記録は一種“聖域”と化し、それに近づく者を阻もうとする露骨な動きさえ見られた。

この記事では、55号の日本記録がいかに生まれたかとともに、その記録に迫りながらもついに乗り越えられなかった選手たちとその実情を振り返ってみたい。

■一本足打法から二本足に戻すつもりだったシーズンでの新記録ーー王貞治(読売ジャイアンツ・1964年)
王貞治といえば「一本足打法」だが、これはプロ入り4年目の1962年のシーズン途中に、打撃コーチの荒川博の指導のもと始めたものだった。同年、王は38本のホームランを打ち、自身初の本塁打王に輝く。

ただし、王にとって一本足打法は本来、タイミングを完全に自分のものにするための過渡的なものという位置づけであり、いずれは二本足打法に戻すつもりであったという。1964年のオープン戦開始当初、一本足打法を封印したのもそのためであった。ところがこのオープン戦で王はヒットが打てず苦しむことになる。そこでコーチの荒川に相談した末、一本足打法に戻すと、とたんにホームランを量産、そのまま開幕を迎えた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年9月17日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。