bit

「利き酒」ならぬ「利きバゲット」を体験してきた

「利き酒」ならぬ「利きバゲット」を体験してきた
眼福もいいところだ。
「パン、パン、サラダ、パン」というわけで、パンが食べたくなってきた。そして、そんなテンションに相応しい情報を入手!
9月15日、「東京カルチャーカルチャー」(お台場)にて開催されたのは、その名も「お台場・秋の利きバゲット祭り!~あなた好みのバゲットを見つけよう」なるイベント。

ここでバケットについて、老婆心ながら解説させてください。フランスパンには、大まかに6つの種類があるそうです。例えば“ひも”のような形(およそ120g:35cm)をしたものは「フィセル」という名が付いているらしく、“フルート”の形状(およそ200g:65cm)のパンは「フルート」と呼ぶとのこと。
そして“杖・棒”状(およそ260g:68cm)のものが、まさに愛しの「バケット」に当てはまるわけです!

そんなバケットを都内有名パン店5軒から取り寄せ、一度に味わい語りあい食べ比べる宴が行われたこの日。
早速、バケットに一家言持つ識者が続々と入場してきました。「硬いパンを食べる会」を主催する“バゲット評論家”の平岩高弘氏。各種メディアへの出演でパンの美味しさを普及し続ける“パンライター”の池田浩明氏。食品会社に勤めつつ、プライベートでは自ら焼いたパンを振る舞いパンパーティーを主催する製菓衛生士の石井久子氏。2007年、武蔵小山にて「nemo Bakery&cafe」をオープンさせたオーナーシェフの根本孝幸氏。

オープニングから、このカリスマたちによる熱き解説が止まらない。

あわせて読みたい

  • パンをスキャンし、判別し、精算するレジ

    パンをスキャンし、判別し、精算するレジ

  • 日本のパン会社も注目するパリで話題のパン

    日本のパン会社も注目するパリで話題のパン

  • 仏大統領も食べているパリで一番おいしいパン

    仏大統領も食べているパリで一番おいしいパン

  • 暑い季節に向けて! 凍らせたまま食べるパン

    暑い季節に向けて! 凍らせたまま食べるパン

  • コネタの記事をもっと見る 2013年9月19日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース