bit

フランスの猫カフェを体験してみた

       
開業前から仏メディアを騒がせていたフランス初の猫カフェ「ル・カフェ・デ・シャ(日本語で猫カフェ)」がついに今月21日にオープンした。場所はファッションに敏感な人々が集まるパリ市内マレ地区だ。フランスの猫カフェとは一体どのようなところなのか。早速行ってきた。

事前に仏メディアが取り上げたこともあり、オープン初日の店先には開店を待つ人々の列ができていた。初日と2日目は早々に予約客で埋まり、予約なしの飛び込み客は入店できない盛況ぶりだった。パリに住んでいる人だけでなく、息子の誕生日記念として、仏南西部トゥールーズから初日に親子で訪れた客もいた。

メニューはコーヒー(3ユーロ:約400円)や紅茶、ホットチョコレート、ワイン(各5ユーロ:約670円)、シャンパン(8ユーロ:約1070円)といった飲物の他に、タルト(9ユーロ:約1200円)、各種サラダ(10ユーロ:約1300円)などの食事も取れる。飲食代の他に料金はかからない。

店では猫をストレスから守るためルールを定めている。例えば猫の睡眠を邪魔する行為、猫に食べ物を与える行為、フラッシュ撮影は禁止され、6歳未満の子供は安全上猫に触れられない。

同店のオーナー、マルゴー・ガンデロンさんは、インターネット上で呼びかけ資金を集めるクラウドファウンディングで約4万ユーロ(約530万円)を調達し、残りをいくつかの獣医協会から募って今回の開業にこぎ着けた。店内に12匹いる猫は捨てられていたものや野良だったものを保護団体から譲り受けた。同店は日本の猫カフェをモデルにしたそうだが、ガンデロンさんにうかがうと、彼女自身は日本へは行ったことがなく、ウィーンにある猫カフェ(日本人経営)で体験しただけという。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年9月30日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。