review

東北楽天優勝! 星野仙一監督は本当に「わしが育てた」のか

東北楽天優勝! 星野仙一監督は本当に「わしが育てた」のか
東北楽天初優勝。星野監督が一面だったのはトーチュウとデイリーの2紙でした。古巣ってありがたいですね。
エース・田中将大が見事に最後を締め、東北楽天ゴールデンイーグルスが2013年パ・リーグのペナントを制した。

球団創設9年目での快挙。その要因のひとつには、間違いなく星野仙一監督の手腕があるだろう。これで中日、阪神、楽天と、(日本代表以外で)ユニホームを着たチームを全て優勝に導いたことになり、「名将」の一人であることは間違いない。

さて、星野監督の「名将」ぶりを表す表現として、ネット界隈でよく使われるワードに「わしが育てた」というものがある。一度は目にした人も多いハズだ。
元々は、2006年4月に開かれた懇親パーティーの目玉企画「星野SDと田淵解説トークショー」における、「大半の中日の選手は私が育てたんだもの、力のある選手ばかりだよ」という星野氏自身の発言が由来とされている。

基本的にこの言葉、使用されるのは少々揶揄の意味合いを込めての場合が多い。だが、今回の優勝を機に、改めてその真偽を確かめてみてもいいのではないだろうか。
そこで今回は、“育てる”という意味合いから「新人王」、そして投手出身監督として「最多勝」の2点で星野監督の「育成力」を検証し、東北楽天の優勝の要因を探ってみたい。
(※尚、“育てる”という側面から、自由獲得時代ではなく、1966年のドラフト制度施行以降を対象として計測した)

《新人王は、わしが育てた!》
ドラフト制度以降、歴代の監督の中で「新人王」をもっとも多く輩出した人物は誰だろうか?

あわせて読みたい

  • なぜベイスターズは弱いのか『4522敗の記憶 ホエールズ&ベイスターズ 涙の球団史』

    なぜベイスターズは弱いのか『4522敗の記憶 ホエールズ&ベイスターズ 涙の球団史』

  • 「弱さの象徴」近鉄バファローズを愛した『二丁目のフィールド・オブ・ドリームス』

    「弱さの象徴」近鉄バファローズを愛した『二丁目のフィールド・オブ・ドリームス』

  • レビューの記事をもっと見る 2013年9月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら