昨日発売された、今週のモーニング誌に掲載された漫画が大きな話題になっている。タイトルは「いちえふ 〜福島第一原子力発電所案内記〜」。原発事故後の福島第一原発を紹介したルポ漫画だ。

作者の竜田一人は実際に昨年6月から12月までの半年間、福島第一原発で作業員として働いていた。元々漫画家として活動していたが、さまざまな職を転々としている際にあの事故が起こり、「高給と好奇心。それにほんの少しは被災地の為という義侠心から」福島第一原発の仕事を求め、作業員となった。そう、これは作業員の視点から描かれた、「福島の現実」を描いた作品なのだ。

本作では淡々と「いちえふ」での日常がモノローグを中心に語られている。「いちえふ」とは、「1F」であり、福島第一原子力発電所のことを指す。現場の人間、地元住民は皆こう呼んでいて、1Fをフクイチと呼ぶ奴はまずいないとのこと。

この「いちえふ」を廃炉に向けて懸命に取り組んでいる作業員達が、どのような環境で、どんな仕事をしているのか。ここまで詳細に描いている作品は他に無いだろう。そこにはいちえふに向かうための装備から、移動のこと、警戒区域の厳重な管理、そして休憩にいたるまで、作業員の1日が描かれている。

そこから見えてくるのは、かなり厳重に放射線量が管理されていること、作業環境が劣悪でこの世の地獄のように言われているが、それは本当ではないということだ。マスクや手袋の目張りを行ったり、汚染靴で車に乗る時には必ず靴カバーをつけるし、被爆限度を遵守していて、年間線量が限界に達した人(といっても法律で定められている数値の半分以下が会社で規定されている)はリセットされる4月までは再度現場に入れないようになっている。作業員は何かしらの症状が出るような量を被爆しているわけではないのだ。