review

メインカルチャーがない時代のアングラ。映画「彌勒 MIROKU」林海象監督に聞く2

メインカルチャーがない時代のアングラ。映画「彌勒 MIROKU」林海象監督に聞く2
はやし・かいぞう/映画監督、京都造形芸術大学芸術学部映画学科教授、学科長。1957年京都府生まれ。86年、モノクロ無声映画『夢みるように眠りたい』で映画監督デビュー。『我が人生最悪の時』『遥かな時代の階段を』『罠』と、『私立探偵濱マイク』シリーズが人気を博す。映画、ネットシネマ、コミックと多様なメディア化された『探偵事務所5』プロジェクトを監修。2010年『大阪ラブ&ソウル-この国で生きること』(NHKドラマ・平成22年度文化庁芸術祭参加作品)の脚本を手がけ放送人グランプリ2011のグランプリ受賞。他に『二十世紀少年読本』『アジアン・ビート』などがある。
映画『彌勒 MIROKU』は、これから期待の美少女たちが少年を演じる一方で、濱マイクシリーズで林海象とタッグを組んだ永瀬正敏が少年の成長した姿を演じている。ほかに、佐野史郎、井浦新、四谷シモンなどが出演。夢か現か摩訶不思議な世界感を高めている。
中には、映画が上映されている横で、音楽が生演奏されるという豪華バージョンもある。上映場所が京都、兵庫、青森、神奈川、東京と移り変わっていくので、生演奏の場合、そのたび、事前のリハーサルを入念にしないとならないという、映画と演劇の「間」のような作品だ。
10月18日、横浜赤レンガ倉庫、10月22、23日、池袋鬼子母神神社、紅テントで上映されたあと、横浜の映画館で半年間のロングランも決定。この先、あなたの街に『彌勒』が風のように現れ、心を激しく揺さぶってくれることを期待して待ちたい。この映画を作った林海象監督に、この奇妙な上映スタイルの可能性を聞いた。

(前編はこちら)

───映画で群衆が出てくる場面で、エキストラの中に混じって、等身大の人間の写真が立っていますよね。あれはどういうことですか?
 エキストラが描き割りということを前からやってみたかったんです。ほんとは全部、描き割りにしようかなと思ったんだけど、ちょっとそこまで勇気がなくて、混ぜました。あれも、白黒だから効果的に見えるんですよ。あの違和感が面白いんですよねえ。
───リアルなのか幻想なのかわからない感じがいいですね。60、70年代の映画には、ああいう遊び心のある表現がよくありましたが、今、こういうアングラな手法をやるのは面白いですね。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「音楽 + アプリ」のおすすめ記事

「音楽 + アプリ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュース

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュース

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年10月21日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 音楽 アプリ

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。