review

宮崎駿「青春を全て高畑に捧げた」ジブリドキュメンタリー「夢と狂気の王国」

宮崎駿「青春を全て高畑に捧げた」ジブリドキュメンタリー「夢と狂気の王国」
夢と狂気の王国』全国公開中。<br />『エンディングノート』の砂田麻美監督が2012年からスタジオジブリに密着したドキュメンタリー。キャッチコピーは「ジブリにしのび込んだマミちゃんの大冒険」。なまやさしい冒険ではなかった…。
──どうして『魔女の宅急便』のジジは喋れなくなったんですか?
「ああいうときは喋れなくなるものなの。いつまでも猫なんかと喋ってちゃいけないんだよ。何かを手に入れれば、失うものもある」

『夢と狂気の王国』が公開された。『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』が同時に制作されていたスタジオジブリに密着したドキュメンタリーだ。けれど、1998年の『「もののけ姫」はこうして生まれた。』とはすこし毛色が異なる。監督の砂田麻美が「映画にしたいんです」といって出来たものは、すさまじい愛の物語だった。

ジブリに密着といっても、映画のほとんどは『風立ちぬ』を担当するスタジオでの出来事だ。宮崎駿監督、奔走する鈴木敏夫プロデューサー、『風立ちぬ』完成に向けて働き続けるスタッフ、ジブリに住み着いた猫・ウシコ。線路の向こうで『かぐや姫の物語』を制作している高畑勲監督やスタッフは画面にほぼ出てこない。けれど高畑の印象は強烈だ。
なぜか? 宮崎と鈴木が、ずっと高畑について語っているからだ。特に宮崎はすごい。

今でも毎日、高畑について語る宮崎。ある日は絶賛し、ある日はこき下ろす。不思議なことに、褒めていても貶していても、「好き!」と言っているようにしか聞こえない。ある日、いつものように高畑を貶す宮崎に、砂田は問いかける。
──でも、宮崎監督は、高畑監督を見捨てませんね。
「見捨ててますよ」

『風立ちぬ』を見て、泣きまくり、落ち着いてから真っ先に考えたのは「本庄ルートはどこだ?」だった。本編は菜穂子(メインヒロイン)ルート。二郎が選ばなかっただけで、どこかに本庄を攻略できるルートに行く分岐があったはずだったのに……。本庄ルート、見たいよー。

あわせて読みたい

  • 東京で狸に会える場所は?

    東京で狸に会える場所は?

  • 宮崎駿が企てた「火垂るの墓」クーデター計画

    宮崎駿が企てた「火垂るの墓」クーデター計画

  • 漫画雑誌「もっと!」がやらかした「ジブリの狂気が大好き」の狂気

    漫画雑誌「もっと!」がやらかした「ジブリの狂気が大好き」の狂気

  • 宮崎監督引退記者会見を緊急レビュー「ありません」(キッパリ)

    宮崎監督引退記者会見を緊急レビュー「ありません」(キッパリ)

  • 気になるキーワード

    1. ドキュメンタリー 映画
    レビューの記事をもっと見る 2013年11月21日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    「ドキュメンタリー + 映画」のおすすめ記事

    「ドキュメンタリー + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

    次に読みたい関連記事「ドラマ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ドラマ」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュース

    次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。