review

6.7メートルはあったよ蟇郡「キルラキル」9話

昔は、テレビが壊れた時は「叩けば直る」なんて言ったもの。でも今、叩く所無いよね。
だがそれをネタにしてしまう『キルラキル』9話。
45度で叩くといいって聞いたもんです。

今回は四天王戦の一人目、風紀委員長の蟇郡苛。
ついにバトル展開です。
ですが、実はバトルを描きながら、それを通じて「皐月様の考え」「四天王との繋がり」を見せる構造になっています。
このアニメならではの、ケレン味の強い演出からそれを覗いてみましょう。

●耐える男、蟇郡
蟇郡の「覚悟」をどう描くかに、重点が置かれていました。
とはいえ、自分で自分を鞭打つシーンとか、変態性溢れるこのアニメの中でも屈指のクレイジーさ。
「常識」という言葉が通用しないアニメだぜ……。
『パンティ&ストッキング』のガーターとコルセットで似たようなことはやっていたけれども、越えてしまった。

カギになるのはこの台詞でしょう。
「自らの意志で自らの襟を正す。本能字学園の生徒たちの自主性に規律を託す。その思いの結実が縛の装である。そしてそれでもわからぬ者には、涙を飲んで粛清のムチを振るった。これが死縛の装である。」
2つの形態が、蟇郡の覚悟そのものを表現します。

第一形態は「縛の装」
どんな攻撃も吸収してエネルギーに変えてしまう、生命戦維は外側にないので、結局攻撃しないといけないという究極の防御。ただし、吸収以外なんもできません。勝てないけど、負けない。

ここで受けた攻撃が蓄積され、ムチを振るう
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク