review

検証30年・新語・流行語大賞に選ばれなかった言葉。その1「おたく」「自粛」「巨乳」「サティアン」

きょう、12月2日、2013年の「ユーキャン新語・流行語大賞」が発表される。いまやすっかり年末の風物詩となっているこの賞は、1984年に「日本新語・流行語大賞」として始まり、今年で30回目を数える。同賞は『現代用語の基礎知識』の最新年版に収録された言葉のなかから選ばれるが、その2014年版には、『流行語大賞30周年』という別冊付録がつき、歴代の受賞語を振り返ることができる。

新語・流行語大賞に選ばれた言葉が、時代を映す鏡であることは間違いない。ただその一方で、受賞していてもおかしくないのに、なぜか選から漏れてしまった語というのも結構あったりする。この記事では、そんな賞に選ばれなかった新語・流行語を30年分、2回に分けて紹介したい。これらの言葉からもまた、昭和と20世紀の終わりから現在にいたるまでの日本の姿を垣間見ることができるはずである(以下、文中では“非受賞語”を太字で示すとともに、受賞語に関してはどの部門での受賞であったか適宜カッコ内などに示した)。

■1984~1988年 「自粛」で消された「お元気ですか」
1984年の第1回新語・流行語大賞の受賞語に「千円パック」(流行語部門・特別賞)がある。これは、この年、「劇場型犯罪」として日本を騒がせたグリコ・森永事件から生まれた語のひとつだが、事件関連ではむしろ、犯人が名乗った「かい人21面相」、挑戦状での「けいさつのあほどもえ」、あるいは警察が作成した似顔絵から犯人の通称となった

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「検証30年・新語・流行語大賞に選ばれなかった言葉。その1「おたく」「自粛」「巨乳」「サティアン」」の みんなの反応 1
  • 一事がバンジー 通報

    “勤続疲労“は未だに(2018年現在)使われていますね。仕事や諸々に疲れ切っている社会が85年当時と変わらないどころか、益々酷くなっていますから・・・

    1
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク