bit

「あの人は話が通じない!」とイライラしていませんか?

       
まず【1】。本書では「『他人の立場に立って』とか『相手の目線で』などというのは簡単ですが、これほど難しいことはありません」とある。私たちは、どこかで相手も自分と同じ目線を持っているはずだと思い込んでしまうのだという。

続いて【2】。「そもそも私たちはなぜ、コミュニケーションでストレスを感じるのか。それは勝手に『自分の伝えたことは相手に伝わっている』と思い込んでいるからでしょう。『伝わっていると思っている』ことが伝わっていなければ、それがストレスにもなります」とある。

そして【3】。「同じものを認識した上で何らかの議論をしているというより、もともと違うものを同じものだと認識しながらコミュニケーションをしていることが、ギャップのほとんどの根本原因であるということです」とある。

むむ。そう言われてみれば、思い当たる気がしなくもない。よく「前にも言ったけど」とか「何度同じことを言わせるのか?」とか思うことがあるが、自分が相手に何かを伝えるときは、相手も自分の言ったことを理解していることを前提としている節がある。

なお、本書は元となる本があり、それは細谷さんが2010年に出された『象の鼻としっぽ』である。このタイトルは、【3】における「もともと違うものを同じと認識しながらコミュニケーションをしている」という状況を、仏教の説話を元に、象の鼻としっぽで表現されている。象というものを見たことがない人たちに、象の鼻としっぽを触ってもらうと、ひとりは象の鼻の形状について語り、ひとりは象のしっぽの形状について話すことになるため、象について語り合ったとしても、コミュニケーションギャップが生まれてしまうという例えなのである。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「あの人は話が通じない!」とイライラしていませんか?」の みんなの反応 2
  • 鬼殺し 通報

    漫才のボケってこうゆう事か!と気がついた。 普通に笑ってたけど よくよく考えたら。。

    2
  • 匿名さん 通報

    11:07 潜在的にみんなが感じている あるある を少しデフォルメして提示するのが漫才師の仕事ってことか、うん納得。

    2
この記事にコメントする

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年12月11日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。