bit

北欧のクリスマスの主人公はサンタクロースじゃない!?

北欧のクリスマスの主人公はサンタクロースじゃない!?
飾られているニッセ
日本でクリスマスの登場人物といえばサンタクロースだ。だが、北欧に住む人々がクリスマスと聞いて真っ先に思い浮かべるのは、サンタクロースよりも、サンタクロースのアシスタントである。

アシスタントの名称は、デンマークとノルウェーでは「ニッセ(Nisse)」、スウェーデンでは「トムテ(Tomte)」、フィンランドでは「トントゥ(Tonttu)」と呼ばれる。私はデンマークに住んでいるので、以下「ニッセ」と呼ぶことにする。

サンタクロースのアシスタントであるニッセは、小人の妖精で、サンタクロースと同じ赤い帽子をかぶっている。クリスマスシーズンには、サンタクロースに代わって、プレゼントを包んだり、届けたりするのがお仕事だ。

だが、ニッセは気分屋で、いたずら大好き。ニッセの機嫌を損ねると、たちまち、いたずらをされてしまう。そんな言い伝えから、北欧では今でも、クリスマスシーズンには、ニッセへの御礼として、家の屋根裏や納屋にバター付きのミルク粥を置いておく習慣がある。

ニッセは、姿を消したり、動物に変身する力をもっており、人の目では見ることができない。人間の姿をしているときは、身長はだいたい10~11歳の子ども程度で、老け顔でヒゲを生やしているらしい。そして、老けているわりには、強く、動きが機敏で、すばしこいのだそうだ。また、ニッセは、普段は家の納屋や馬小屋に住んで、家畜の世話などをして住人を支えている。だが、家の住人がニッセの面倒をきちんとみなければ、ニッセは小さないたずらを始め、時には、大きな災いも起こすといわれる。その昔、北欧の人びとは、何か奇妙なことが起こると「ニッセの仕業だ」と言っていたらしい。

あわせて読みたい

  • 人とちょっと差が付く“クリスマス和菓子”をおみやげに

    人とちょっと差が付く“クリスマス和菓子”をおみやげに

  • 2013年クリスマスに一番ほしいプレゼントランキング

    2013年クリスマスに一番ほしいプレゼントランキング

  • かき氷から炎も!クリスマスかき氷って何だ!?実際に食べてきた

    かき氷から炎も!クリスマスかき氷って何だ!?実際に食べてきた

  • クリスマスツリー、飾ってますか?

    クリスマスツリー、飾ってますか?

  • コネタの記事をもっと見る 2013年12月24日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら