bit

ビールが水より安い国はココ! 海外のビール事情とは

ビールが水より安い国はココ! 海外のビール事情とは
パリのスーパーマーケットのビール売り場
世界には、ビールが水より安い国があるらしい。仏ラ・トリビューン紙によると、それはベルギー、ルクセンブルク、チェコ、スロバキア、クロアチア、プエルトリコ、ニカラグア、コスタリカ、パナマの9カ国で、キリン食生活文化研究所の調査で判明したという。

例えばチェコの場合、ミネラルウォーターが500mlで1.1ユーロ(約155円)であるのに対し、ビールは1パイント(568ml)あたり0.99ユーロ(約140円)だそうだ。同紙は、現在ビールは水に次いで世界で2番目に購入量が多い飲料だとも報じている。両者どれくらいの量が消費されているのかというと、水は1秒間に6500リットル、ビールは5600リットル費やされているのだとか。世界のビール事情とはどのようなものなのか。

キリンビールが今月発表したレポートによれば、世界でもっともビールを好む国民は、2012年でチェコ(1人当たり年間約149リットル)、オーストリア(約108リットル)、ドイツ(約106リットル)、アイルランド(約98リットル)の順だった。チェコはピルスナー・タイプのビールの発祥地(日本でイメージされるビールは主にピルスナー・タイプのもの)であるし、ドイツはオクトーバーフェスト、アイルランドはギネスビールと、納得の面々といえる。

筆者が暮らすフランスは、「フランスといえばワイン」のイメージ通り、それら国々と比べれば1人当たりの年間消費量は約30リットル(欧州で9位)と低い(仏ビール醸造業者組合)。しかしビールも男性や若者を中心に街中のカフェやバーなどで、そこそこ飲まれており、国内では北部や北東部を中心に有名な生産地が広がっている。クローナンブールやペルフォースといったブランドは、海外でも知る人は少なくない。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2014年2月5日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース