review

ドイツで賛否両論。ヒトラーが現代に甦り、YouTubeの人気者に『帰ってきたヒトラー』

1945年4月30日に自殺したアドルフ・ヒトラーが、2011年8月30日のベルリンで目覚める。
ティムール・ヴェルメシュのデビュー作(ゴーストライターを務めた作品がそれ以前にあるらしい)『帰ってきたヒトラー』はそういう小説だ。ヴェルメシュは1967年、ドイツ・ニュルンベルク生まれ。長くジャーナリストや雑誌ライターとして活躍してきた人である。

小説は、自分が空き地に横たわっていることに総統閣下が気づくことから始まる。着ているものはいつもの制服(軍服)なのだが、なぜかガソリンのような臭いがぷんぷんとする。ヒトラーの遺体は、彼の自殺後に大量のガソリンを振りかけられて焼却されたとされており、この臭いは彼が生まれ変わりや、他の人間の肉体に精神だけが宿って甦ったのではない、という作者からのサインだ。ヒトラーは、妻のエヴァ(史実では総統とともに自殺)が制服の汚れを落とそうとして大量のベンジンをふりかけたに違いないと考える。
しかしエヴァはいない。マルティン・ボルマンら側近の姿もない。
そして彼は近くのキオスクに立ち寄り、新聞の日付から今が66年後の世界であることを知るのである。
再び気絶するほどの衝撃!

これはほんの序盤の展開だが、本書がおもしろいのはヒトラーが「まあ、しかたがない」とあっけなく現実を受け入れ、すぐに前向きになることだ。助けてくれたキオスクの店主を手伝いつつ、そこに腰を落ち着ける。そして、将来のために準備を始めるのだ。なんのため? もちろん総統として祖国を正しい方向へ導くためだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク