review

鶴瓶が鶴瓶に、文珍が文珍になったええかげんな理由『青春の上方落語』

       
1972年2月14日、当時20歳で京都産業大学の学生だった駿河学青年は、上方落語の六代目笑福亭松鶴に入門した。駿河青年が「鶴瓶」という芸名を松鶴からつけてもらったのはそれから間もなくのこと。「『鶴之』か『鶴瓶』かどっちにする?」と師匠に聞かれて、「『鶴瓶』でお願いします」と選んだのだった。『青春の上方落語』(小佐田定雄編)で鶴瓶本人が語るところによれば、このあとの話が面白い。

《「よっしゃ、二階に『落語家系図』があるから、どんな名前か見てこい」
 て[引用者注――師匠の松鶴が]言わはったんで、さっそく調べてみたらありました。
 「四代目松鶴門人。後に二代目染丸門人となり染八となる」
 と書いてあって、アルコール中毒で死んだらしいんです(笑)》


鶴瓶はこのエピソードを、以前にも「パペポTV」か何かテレビ番組でも披露していたが、肝心の先代鶴瓶の末路は、上から音をかぶせて伏せられていたっけ。

落語家の芸名については、本人が面白おかしくその由来を脚色して、それがさも事実のように伝えられているケースも少なくない。たとえば桂文珍。師匠の五代目桂文枝(当時は小文枝)が手紙を書いているときに、横で座っていた彼に対し文鎮代わりに紙をちょっと押さえておけと頼んだことから、その名がついた――との話があるが、『青春の上方落語』によれば、これはじつはあとづけらしい。

本人が明かしたところによれば、真相は次のようなものだった。師匠は当初「新文枝(しんぶんし)」という名前を考えていたものの、本人が「新聞紙て、弁当包むみたいでんなぁ」と断り、さらに「はん枝(はんし)」を提案されたものの、これも「いやぁ……ちょっと」。「『はん枝』があかんやったら『文鎮』はどや? けど、金偏の『鎮』にするとちょっと重たすぎるなぁ。『珍』の字でどうや」ということで、「文珍」に落ち着いたのだという。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年2月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。