bit

韓国の田舎にある「蒸しパン村」に行ってみた

韓国の田舎にある「蒸しパン村」に行ってみた
釜で蒸した、できたての蒸しパンを食べさせてくれる
ソウルの東側、太白(テペク)山脈の麓に位置する江原道(カンウォンド)・横城(フェンソン)郡。2018年冬季オリンピックの開催が決まっている平昌(ピョンチャン)郡の隣町だ。土地面積の77%が林野であり、特産物は牛肉という山あいの田舎町に、「蒸しパン村(チンパンマウル)」と呼ばれる、蒸しパン(チンパン)屋ばかりが集まる集落があるという。韓国の地方のB級グルメを求めて、早速訪れてみることにした。

まずはソウルからの長距離バスの発着点となる「東ソウルバスターミナル」へ。横城の中心部に行くバスに乗ろうと考えていたら、蒸しパン村のある安興(アンフン)という集落まで、2時間弱で行く直行バスがあるのを発見。係のおじさんに「バスの到着地は蒸しパン村とは近いですか」と聞いたところ、「そこはだいたい蒸しパン屋だよ!」と答える。でかした、それでこそ蒸しパン村だと期待は高まる。
ただしそのバスは頻繁には出ておらず、今回は結局、停留所のある「横城休憩所」まで行き、そこからタクシーで安興蒸しパン村へと向うことに。

畑や牛小屋ばかりの山道を車で進むと、その小さな集落は現れた。高くても2階建ての店舗や、役場・郵便局などが集まる、長さ200メートル程のこぢんまりとしたメインストリートに、確かに蒸しパン屋が並んでいる。ニコチャン大王のように顔に直接手足が生えており、片手はぐっと親指をたてている蒸しパンのキャラクターが、それぞれのお店の看板に描かれているので、すぐそれと分かる。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「韓国の田舎にある「蒸しパン村」に行ってみた」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    行ってみたい

    4
この記事にコメントする

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年2月12日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。