bit

「かつ丼」にはなぜ外れが少ないのか考える

「かつ丼」にはなぜ外れが少ないのか考える
どんなかつ丼も、愛おしい!
天ぷらや蕎麦、寿司、鰻、親子丼などに比べ、いわゆる「超有名店」というのは少ない、かつ丼。でも、どこで食べても、そこそこに美味い安定感・安心感は異常だと思う。

高級店の高いかつ丼はもちろん美味いが、不味いなら不味いなりの美味さがある。
肉が薄くても、柔らかくなくても、アツアツでなくても、なんならスーパーの惣菜コーナーのかつ丼だって十分楽しい。

なぜかつ丼は、こうも外れが少ないのだろうか。勝手に真剣に考察してみたいと思う。

■「卵とじ」「ソースがらめ」の万能調理法
もともと「卵丼」があるくらいだから、卵と甘い出汁でとじて不味いわけがない。加えて、玉ねぎの甘みもあって、しかも、具材はボリュームある「かつ」。「美味しい」の上に「美味しい」を重ねていくわけだから、ますます美味しいに決まっている。
一方、ソースかつ丼のソースのパンチ力は無敵。さまざまな野菜類がとけこんでいるソースは、全ての材料に一体感を与える包容力がある。
というわけで、この二大調理法を用いれば、特にカリッとしていなくても、アツアツでなくてもOK。揚げ衣が卵やソースを十分に吸い込むことで、衣がふやけていることすらも魅力になる。

■鶏でも牛でもない、豚の強み
値段と味が比例する牛に比べて、豚は安くても美味い。鶏肉も安いが、案外扱いがデリケートで、パサパサになりやすいのが難点。
また、親子丼などは、卵のトロトロ具合で味の差がかなり出るが、かつ丼なら、卵がトロトロでなくとも、衣とあわさることでカバーできる。揚げ衣との相性の良さも脂身の多い豚に分があり、揚げることでくさみも消えるし、素材の良さがさほど重要でないところも楽ちんだ。

あわせて読みたい

  • サッポロ一番塩らーめん、なぜやみつきになる?

    サッポロ一番塩らーめん、なぜやみつきになる?

  • かき揚げ“36枚”の「かき揚げ丼」

    かき揚げ“36枚”の「かき揚げ丼」

  • コネタの記事をもっと見る 2014年3月7日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース