review

殴り合いをして小説書いての繰り返し~速報4「芥川賞&直木賞フェス」北方謙三&川上弘美

「私は何がほしかったというと芥川賞がほしかった」という北方。
「私は芥川賞をいただいたんですけど出身はSFなんですよ」当時、SFの新人賞がなくて困ったという川上。

芥川賞直木賞フェスティバル3月1日、一日めの最後のステージは、「蛇を踏む」で芥川賞受賞の川上弘美と、角川小説賞、吉川英治文学賞、司馬遼太郎賞、日本ミステリー文学賞、紫綬褒章ほかたくさんの受賞歴のある北方謙三。

ふたりが小説家になった経緯が語られた。

同人誌に書いていたという北方。
中上健次や立松和平と、議論し、自分を曲げないから結局は殴りあいになる。
殴りあいをして小説かいて、殴りあいをして小説かいての繰り返し。
原稿を重ねると自分の身長より高くなるほど書いたが、載ったのはほんの少し。書いても書いても没にされた。
エンタテインメントに転向したとき、立松和平には「自分の身を切って書いてた、タコ踊りだったよ。いまは気持ちよさそうに書いている」と言われたが、中上健次には「裏切りもの裏切りもの、原稿料いくらなんだ」って言われたとか。

川上弘美は、SFマガジンの新人賞がなくなって応募するところがなくて、筒井康隆さんが選考委員をしていたら応募しようと思っていたところ、筒井康隆・井上ひさしが選考委員の新人賞があったので応募しようと思っていたらすぐ終わってしまって、応募するところがなくて。
パソコン通信で、筒井康隆・小林恭二が審査委員の新人賞があってそこに応募。賞をとってようやく世に出たけど、編集がつかなくて、読んでくれるひとがいない。だから、編集者に読んでもらえてボツになるというのも、うらやましかった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「芥川賞」に関する記事

「芥川賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「芥川賞」の記事

次に読みたい「芥川賞」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年3月1日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 芥川賞 高橋弘希

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。