bit

「コーンスープ」の今昔&海外事情とは?

昔から大好きだった、家で作る、クリームコーン缶を使ったコーンスープ。

子どもの頃は、おつかいのときなどに「ホール缶じゃなくて、クリーム缶のほうね」と親に言われることもあるほど、両者がスーパーで同等に扱われていた気がするのだが、最近はスーパーにクリーム缶を置いていないところもよくある。また、あっても、小さいサイズだけという場合もある。

そもそもホール缶とクリーム缶の売上って、どのくらい違うもの? アヲハタのコーン缶を扱うキユーピーに聞いた。

「現在のホール対クリームの売上数量比率は、約2対1です。でも、この5年で見ると、クリームの売上減少が特に著しい、ということではありません。全体的に、昔に比べて売上は減少傾向で、2008年度に比べて2013年度は約1割減となっていますが、これは缶詰商品全般について言える傾向です」

また、意外と忘れがちだが、コーンは季節商品だということもある。
「コーン缶は年一作もので、天候に出来高が左右されることもあり、生産数の調整は、主に母数が大きいホール缶で行っています。まず、クリームの分を確保するということです」

では、家庭でクリーム缶を使ってコーンスープを作る人は減っているのだろうか。
「主婦世帯におけるコーンスープの食卓登場頻度は全体では減少傾向ですが、クリーム缶を使用する『手作り派』は、数は多くないものの、維持の傾向にあります。というのも、コーンの出来高にかかわらず毎年クリーム缶は確保されている一方で、チルド品やインスタント粉末タイプのコーンスープの利用は減少しているからです」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク