review

マンガ大賞2014受賞作・森薫『乙嫁語り』で描かれる濃密で美しい食卓の情景

マンガ大賞2014受賞作・森薫『乙嫁語り』で描かれる濃密で美しい食卓の情景
『乙嫁語り』森薫/エンターブレイン
マンガ大賞2014が3月27日に発表された。大賞は、森薫の『乙嫁語り』。3年前と昨年、同賞にノミネートされていた。その2回では惜しくも大賞作に及ばず、2位となったが、今回ようやく大賞を獲得した。発表後のツイートなどを見ても、「よかった。やっと!」という声にときどき「あれ? まだ取ってなかったっけ?」という声が混じっていた。ある意味「取って当然」と思われていた『乙嫁語り』とはどんな作品なのか。

舞台は19世紀後半の中央アジア。半定住・半遊牧の一族からアミル(20歳・♀)が、定住型の一族の跡継ぎ・カルルク(12歳・♂)のもとへと嫁いできた──。

物語はこんな場面から始まる。第一話では、嫁いできたばかりのアミルが一人で馬を駆り、狩りに出る場面が描かれる。

こともなげに馬を駆って狩りに出た妻と、その身を案ずる12歳の夫。セリフのない6ページが美しい。仮に同じことを描こうとしたとき、映像ならば殺伐としたシーンになりかねず、文字だけでは伝わるように描ききるのが難しい。しかもこの6ページの間で、夫婦間の愛情がほのかに育まれたことが伝わってくる。

この作品の特徴として、しばしば絢爛豪華な衣装や布地、装飾品の描き込みが挙げられる。もちろんそうした工芸品の美しさに手が止まるページも数多い。第3話などは、冒頭の見開きをはじめ、圧倒されるような表現が次々に現れ、ついつい見惚れてしまう。読んでいると気づかぬうちに、広大な草原や遙かなる山々が描かれたコマをぼうっと見ていることもある。山を登る途中、ふと遠くに目を向けた時のように、心休まる情景が描かれている。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2014年3月28日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース