review

野茂と清原のあの一騎打ちから20年。実はあの時……『漫画・うんちくプロ野球』

       
1994年のプロ野球のペナントレース終盤、同率首位で並んだ読売ジャイアンツと中日ドラゴンズが最終戦でセ・リーグ優勝を賭けてぶつかった、いわゆる「10・8決戦」から今年でちょうど20年が経つ。この試合を題材にした鷲田康の『10・8――巨人vs.中日 史上最高の決戦』は、第45回大宅壮一ノンフィクション賞の書籍部門(今回から雑誌部門とともに新設)の候補にあがっている。受賞作が決定するのは明日(4月3日)だが、はたして大宅賞初の野球ノンフィクションの受賞となるだろうか。

さて、20年前のプロ野球では、シーズン最終戦だけでなく、開幕戦でもドラマが生まれていた。それは1994年4月9日、パ・リーグの西武ライオンズと近鉄バファローズによる開幕戦でのこと。バファローズ先発の野茂英雄は最終回までライオンズ打線を無安打に封じ、史上初の「開幕戦ノーヒット・ノーラン」まであと3人に迫ったところで打席に清原和博を迎えた。その4年前のデビュー戦で清原からプロ初奪三振をとった野茂は、以後も彼とは何度となく名勝負を繰り広げてきたが、このときはどうだったのか。最近刊行された『漫画・うんちくプロ野球』所収のコラム「この一騎打ちがすごい」には次のように書かれている。

《この場面で野茂は、得意のフォークではなくストレートでの真っ向勝負にこだわり、結果、清原が二塁打を放って野茂の偉業を封じた》

なお、野茂はその後、1死満塁にまで追いこまれて降板。試合は伊東勤(現・千葉ロッテマリーンズ監督)の通算1000本安打となる逆転サヨナラ満塁本塁打により、4ー3でライオンズが勝利している。開幕戦での逆転サヨナラグランドスラムはプロ野球史上初であった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年4月2日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。