bit

"歌ってみた"も立派な仕事! ネット時代に生きる若者とディスカッション

"歌ってみた"も立派な仕事! ネット時代に生きる若者とディスカッション
「ウエブメディアの未来を探る」というテーマにふさわしく、かなりインタラクティブでイマドキなものとなった
改めて考えてみると、今の中学1年生は、2001年/2002年生まれ! 2001年といえば、WindowsXPやiPodが登場した年だ。彼らが物心つく頃には、TwitterもFacebookも、ニコニコ動画(以下:ニコ動)もyoutubeも周りにあったことになる。そんな情報社会で育ってきた彼らは、どんな未来を創造していくのだろう? ヒントになりそうなイベントを取材してきた。

■若いうちはいろいろなことを"知る"べし
大手予備校の早稲田塾は、4月13日、「niconico」で知られる株式会社ドワンゴの園野淳一さんと、『Software Design』などを出版する株式会社技術評論社の馮(フォン)富久さんを招いての特別公開授業を行った。テーマは「ウエブメディアの未来を探る」。

この公開授業には、中高生合わせて100名以上が参加した。参加者のなかには、「将来、IT業界で起業したい。知見を広げたかったので参加した」という高校生や、「よく見ているサイトやサービスの仕組みが気になって。ネットのことをもっと勉強したい」という中学生も。ウェブ業界で活躍している方たちが、こうした講演を塾や予備校ですることは珍しく、参加者も興味津々のようだ。

なかでも参加者の目がキラっと光ったのは、園野さんの話が、「歌い手(ニコ動の"歌ってみた"に動画を投稿する人)」・「踊り手(ニコ動の"踊ってみた"に動画を投稿する人)」に及んだ時だ。それもそのはず。ニコ動は、中高生の間で爆発的な人気を誇るウェブサービスであり、歌い手/踊り手は特に人気が高いコンテンツ。

あわせて読みたい

  • 遂に、日本でも“子供向けタブレット”が登場!

    遂に、日本でも“子供向けタブレット”が登場!

  • 夏休み、中学生は何をする人ぞ

    夏休み、中学生は何をする人ぞ

  • 受験生にダイレクトメールは何通届く?

    受験生にダイレクトメールは何通届く?

  • フランス若者のリアルな"ネット性活"

    フランス若者のリアルな"ネット性活"

  • コネタの記事をもっと見る 2014年4月21日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース