review

没後20年「悪役」大統領ニクソンの功罪を検証する

       
その後も地元カリフォルニア州知事選に敗れ、浪人生活を余儀なくされたニクソンだが、1968年の大統領選に再出馬、ついにその座を射止めた。在任中には、泥沼化していたベトナム戦争からの米軍撤退、冷戦下におけるソ連との緊張緩和(デタント)、それから敵対していた中国に接近をはかるなど、とりわけ外交面で実績を残した。その成果は、志半ばで凶弾に斃れたケネディを上回ったといっていいだろう。ケネディが大統領在任中に発表した月着陸計画も、その実現を大統領として見届けたのはニクソンであった。

他方、ニクソン政権は国内政治ではめぼしい成果はないとされる。だが、前出の『ニクソンとキッシンジャー』によれば、彼の在任中の政策を細かく見ていくと、ケネディ~ジョンソンの民主党政権を引き継ぐかのような福祉や経済政策を実施する一方で、経済的自由や規制緩和をめざす、後年のネオリベラリズムの原型ともいうべき構想も見出せるようだ。

ニクソンはまた、ポピュリズム政治の先駆者でもあった。わかりやすい例としてはテレビの利用があげられる。ニクソンが外国を訪問するたび、スタッフらが繁華街に乗りこんで意図的に交通渋滞を起こし、群衆が歓迎のために集まっているかのような映像をニュースのためにつくりあげたことは、その一例だ(大嶽、前掲書)。

■意外!? 名文家の一面も
ポピュリズム政治家としてのニクソンはまた、既得権益を持つ東部エスタブリッシュメントを「敵」として、批判を続けた。だが、ニクソンは彼らに劣らない教養の持ち主でもあった。そのことは、最近文庫化された著書

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年4月22日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。