review

17日まで。ゲーム業界の風雲児、故・飯野賢治の全作品が遊べる展覧会

17日まで。ゲーム業界の風雲児、故・飯野賢治の全作品が遊べる展覧会
ゲーム業界初! 故人のゲームが遊べる展覧会「飯野賢治とWarp 展」
スペースインベーダーが列島を「侵略」して今年で36年、ファミリーコンピュータの発売から31年。決して少なくない年月が日本のゲーム業界でも流れましたが、「風雲児」と呼ばれたクリエイターは一人しかいません。故・飯野賢治氏です。

『Dの食卓』『エネミー・ゼロ』などエッジの効いたタイトルもさることながら、その巨躯と風貌、歯に衣着せぬ言動などでメディアの注目を集め、1990年代後半のゲームシーンを語る上で欠かせぬ人物でした。2000年代に入って、表だった活動は影を潜めましたが、Wiiウェアのアクションパズル『きみとぼくと立体。』などで健在ぶりを披露。2013年に42歳の若さで急逝したのは、記憶に新しいところです。

そんな飯野氏の作品を一堂に集めた展覧会「飯野賢治とWarp 展 - ONE.D.K〜飯野賢治とWarp作品をプレイする14日間。〜」が、5月17日(土)まで渋谷の+SANOW LABs.(サノウラボプラス)で開催されています。会場で「ゲーム菩薩」めざしてホスト役をつとめるのは、飯野氏と同年代のゲームクリエイターで、『巨人のドシン』などで知られる飯田和敏氏。ホントに遅ればせながら、自分も行ってきました。

いや、ホントは行くつもりはなかったんですよ。ただ、どうにも寝覚めが悪いというか。しかも会場に自分の写真がデカデカと投影されていると聞きまして・・・。

もともと筆者は1990年代後半、「ゲーム批評」という雑誌の編集者として、飯野サンと親交がありました。当時、飯野サンは「エビスからの手紙」という人気連載を手がけていて、原稿を受け取りに行ったり、インタビューをさせてもらったり、毎回おかしな仮装をして写真を撮る「街で見かけた」というシリーズで写真に写ってもらったり、たいへんお世話になっておりまして・・・。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2014年5月16日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース