bit

タバコと酒に年齢制限が無い国があるって本当!? 

海外はタバコに対して社会が厳しい。そんなイメージを持つ人も多いかもしれない。確かにそのような国もあるが、フランスは日本より寛容な印象だ。経済開発協力機構(OECD)の2013年の統計を見ても、2011年における喫煙者(15歳以上で喫煙習慣が毎日ある人)は、フランスの23.3%に比べて日本は20.1%だ。

ここで首を傾げた読者も多いはず。日本ではタバコは、成人を迎える20歳から法律で認められているが、統計では15歳以上を対象にしている。なぜだろうか? 当然各国で法律は変わり、例えばフランスでは、15歳でタバコを吸っていても問題にならない場合がある。もちろん一定の基準はある。

まずフランスのでは、18歳未満(フランスにおける未成年)はタバコを買えない。18歳未満の、学校内での喫煙も禁じられている。16歳未満を受け入れる学校での喫煙も禁止だ。しかしそれ以外では喫煙に年齢制限は無い。フランスに行ったことがある人は気付いたかもしれないが、高校の始業前や終業時刻になると、校門前では大勢の生徒が堂々とタバコを吸っている。時にはもっと幼い子供が、街中でタバコをふかしている姿を見かけることもある。当然大人も愛煙家は多い。

喫煙場所に規制はどうだろうか。日本の場合、屋内の分煙のために喫煙所を設けていたり、路上喫煙を条例で禁止する自治体がある。フランスは屋内の公共の場では全面禁煙だ(屋外は良い)。レストランやカフェなどでタバコを吸いたい人は、いったん外へ出て一服するか、初めから屋外にあるテラス席に座らねば吸えない。そのためバーなどが連なる繁華街では、グラス片手に道端でタバコを吸っている人は多い。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク