能年玲奈「わたしはすごく……うれしくて」
木村佳乃「ほんっとに可愛くて。守ってあげたくなる」

幸せそうに目を細めて見つめ合う能年と木村。2人に挟まれる形で、登坂広臣が立っている。

7月13日、映画『ホットロード』(8月16日公開)のブルーカーペットセレモニーが新宿大通りステージで、完成披露試写会が新宿ピカデリーで行われた。
舞台挨拶に登場したのは能年玲奈(役名:宮市和希)、登坂広臣(春山洋志)、鈴木亮平(玉見トオル)、太田莉菜(宏子)、竹富聖花(えり)、落合モトキ(リチャード)。

原作は1986年から87年まで別冊マーガレットで連載され、累計700万部を売り上げている伝説の少女マンガだ。

司会「母親に愛されていないのではないかと寂しさを抱えて生きる14歳の少女和希を演じました、能年玲奈さん」
能年「みなさん、こんにちは。能年玲奈です(かわいーーーー! と声があがる)……えー、原作の、空気をたいせつに、ひっしに、演じました。きょうは、よろしくおねがいします」。
ショートボブの毛先がぴょんぴょんと動く。

登坂「ぼくも、この映画に対して、全力で挑ませていただいたので、それをみなさんにこうやって見ていただける時が来たのだなーと感じております」
客席にはファンの女性がみっしり。一挙手一投足に「キャーーー」「ヤバーい」。

全員の挨拶が終わったところで、サプライズ。7月13日は、能年玲奈の誕生日だったのだ。

「主人公和希のママ役を演じました、木村佳乃さんが、ホットロード特製バースデーケーキを持ってかけつけてくださいました」

この記事の画像

「玲奈ちゃんの腋が空いていたのでこちょこちょしました「ホットロード」舞台挨拶レポ」の画像1 「玲奈ちゃんの腋が空いていたのでこちょこちょしました「ホットロード」舞台挨拶レポ」の画像2 「玲奈ちゃんの腋が空いていたのでこちょこちょしました「ホットロード」舞台挨拶レポ」の画像3