review

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第56回 ジョーの中に、ジョーのトランペットの音色の中に生き続ける定一

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第12週「1963-1964」

第56回〈1月20日(木)放送 作:藤本有紀、演出:松岡一史〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第56回 ジョーの中に、ジョーのトランペットの音色の中に生き続ける定一
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第57回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


定一と錠一郎

ディッパーマウス・ブルースのマッチから、かつて岡山ですれ違っていたことを確信したるい(深津絵里)ジョー(オダギリジョー)。結婚を控えているからかジョーは戸籍を取り出す。戦災孤児のため、戸籍にはひとりの名前しかなく、父母の欄は空欄になっている。誕生日が昭和15年12月25日になっているのも本当の誕生日ではないのかもしれない。思い出の「オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート」を聞いた日を誕生日にしたのかも?

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜56回掲載中)

名字は定一(世良公則)につけてもらったもので、じょういちろうの「じょう」には定一の「定」を入れた文字にしていた(金偏を指で隠したジョーの爪は三日月のようだった)。ジョーが大阪のジャズ喫茶Night and Dayで世話になっているのも定一の紹介だった。

恩人の定一はもうこの世にはいない(ショック)。だが、錠一郎の名前の中に生き続けている。そして彼の吹くトランペットの音色の中にも。

戦争で家も家族も失い、どうやら記憶もなさそうなジョーが定一と出会って、名前を得て音楽を糧に新たに生き始めた。この頃、定一は息子が戦争からなかなか帰ってこなくて寂しさを抱えていた。孫でもいれば……と言っていたことがあったから、ジョーを息子あるいは孫のように思ったのかもしれない。

「定一さんは僕の中にいてくれてる。いつも。今でも」(ジョー)

このセリフからタイトルバックへ――。今日の「アルデバラン」は定一が錠一郎のことを想う歌のように響いた。この歌の歌詞<君と君の大切な人>とは、時を経て場所を経て歌い継がれていくものなのだと感じる。

タイトルバックあけ、ジョーはるいに呼び方を変えるように提案する。「大月さん」になるのだからと。そして自分も「るい」と呼びすてにしてみる。安子(上白石萌音)稔(松村北斗)の恩人・定一がつけた「大月」姓をるいが名乗るようになると思うとじつに感慨深い。

コンテストに挑戦して優勝したジョーはこれからレコード(LP)デビューして、るいと家族になって幸福になる。ならなくてはいけない。ところが、デビューコンサートが予定されていたクリスマス(ジョーの誕生日でもある)、るいに不穏な報せがもたらされて……。

竹村クリーニング店にふらりと現れるトミー(早乙女太一)の雰囲気がものすごく意味深。大衆芸能出身だけあってこういう思わせぶりな仕草が巧い。ジングルベルの軽快な曲もかえって不安を募らせる。

「大丈夫です。信じてます」

東京に来たジョーは笹プロの笹川社長(佐川満男)の家に居候しながらレコーディングに打ち込んでいる。芸能事務所の社長がデビュー前後の若者を自宅に住まわせることはよくあると聞く。とくに昭和の頃、そういう芸能人の話がよくあった。

オダギリジョーでなく、十代や二十代の若い俳優が演じていたら、大きなお屋敷に住むことになって、希望と不安がない混ぜのドキドキしている雰囲気が伝わってくるところだろうが、オダギリだとさすがに若者が芸能事務所の社長の家に住むある種の特別な空気はなく、わけあって社長の家に間借りする苦労人の大人にしか見えない。

そこでふと筆者は我に返った。いつの間にか、るいとジョーの物語が人生のやり直しを図っている中年のピュアで控えめな男女に見えていた。るいとジョーに、ある程度の人生を生きてきて思慮分別もあり、勤勉だが孤独で、苦労の末にようやく人生の伴侶と仕事のチャンスを見つけたという苦労人の人生巻き返しの物語を見ていた。

いや、違う。るいとジョーの設定は若くて未熟で未来ある男女なのである。子ども時代を不遇で過ごしてきて、かたや父母も家族もいなくて自分の出自のわからないジョー。かたや、母と別れ、家や家族にいい思い出がなく、忘れてしまおうと思っていたるい。彼らは出会った親切な他人の大人たち(竹村夫妻や木暮)や友人(ベリーやトミー)のおかげで未来が拓けていく。代々の家と無縁でも新たな家族を作ることができるというお話のはずなのだ。

でもきっと、深津とオダギリが演じることで、若者に限らず、年齢を経た大人にもこういうことがあるというジェンダーレスな考えが示される。これはとても意義深いトライなのである(と思うことにする)。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第56回 ジョーの中に、ジョーのトランペットの音色の中に生き続ける定一」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第56回 ジョーの中に、ジョーのトランペットの音色の中に生き続ける定一」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

カムカムエヴリバディ

カムカムエヴリバディ

NHK朝ドラ第105作目。ラジオ英語講座とあんこと野球とジャズと時代劇を題材に、3人のヒロイン(上白石萌音・深津絵里・川栄李奈)が母から娘へとバトンをつなぐ三世代100年のファミリーストーリー。2021年11月1日~2022年4月8日放送。

お買いものリンク