bit

ブラックバスをおいしく料理するには? 釣って食べる「健啖隊」に聞く

ブラックバス――釣りをする人はもちろん、釣りをしない人も名前くらいは聞いたことがあるだろう。淡水での釣りにおいて大人気の魚で、関東では霞ヶ浦、芦ノ湖、河口湖など、関西では琵琶湖がブラックバス釣りの名所として知られる。これまでずっと「キャッチ&リリース」、つまり釣ったらその場で逃してやることが、釣り人の間での常識(条例などで禁止している県もある)となっている。
……が、あえて「キャッチ&イート」、ブラックバスを釣って食べることを実践している孤高の漢がいる。肝心の味はどうなのか、本人に聞いてみることにした。

もともとブラックバスは前世紀初頭、米国から芦ノ湖に移植されて全国に広まった魚。現在は法律で「特定外来生物」に指定されており、飼養や生きたままの移動・放流などが規制されている。つまり、釣ったらその場でリリースするか、さもなくば「殺生」である。

だが、「ブラックバスはおいしくない」というイメージがなぜか昔から流布しているように思う。実は筆者も子供の頃、「食ってもうまくないよ」と伯父に言われたことがある。淡水魚は全般的に独特の臭みがあり、ブラックバスは「とくに臭い」と指摘されたことがおいしくないイメージにつながっているのであろうか。

では、本当においしくないのか。琵琶湖のある滋賀県では、「ブラックバスは食べるとおいしい魚ですので、再放流しないで持ち帰り、食べてみてください」とPRしており、その調理方法まで提案する。また、同県立博物館内にあるレストラン「にほのうみ」では「琵琶バス料理」と題する「バス天丼」などが食べられる。同店でも、「オオクチバス(ブラックバス)はスズキ系の白身魚で、調理を工夫することでとてもおいしく食べられる魚なのです」と説明している。

あわせて読みたい

  • 食パンで川のコイが釣れるのか?

    食パンで川のコイが釣れるのか?

  • 釣りの暇つぶしに使える意外なもの

    釣りの暇つぶしに使える意外なもの

  • あの釣堀に現れる激カワ“釣りドル”とは

    あの釣堀に現れる激カワ“釣りドル”とは

  • コネタの記事をもっと見る 2014年8月12日のコネタ記事
    「ブラックバスをおいしく料理するには? 釣って食べる「健啖隊」に聞く」の みんなの反応 1
    • 通りかかりの釣り人 通報

      バスを釣ってリリースする必要性がわかりません。 外来種は生態系を破壊します バス釣りに文化や楽しみなどがあるのも理解しています。

      3
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース