bit

ドイツの献血は500ミリリットルが普通! 日本との違いをレポート

ドイツの献血は500ミリリットルが普通! 日本との違いをレポート
献血後に郵送されてきた献血カード(画像は旧型。現在は順次新型カードに切り替え中)。ドイツでは、献血をするまで自分の血液型を知らなかったという人も多いです。
ある日、ドイツの町中にある公立学校に掲げられた「献血デー」の横断幕が目に留まりました。日本では定期的に献血ルームに足を運んだものの、ドイツに住むようになって以来、10年以上も献血から遠ざかっています。そこで、横断幕に書かれた指定日時に、会場である市立総合病院へ出かけて行くことに。

日独両国の赤十字社公式サイトの献血案内を比べてみると、全血献血、血漿成分献血、血小板成分献血の三種類が選択可能であることは共通のようですが、ドイツの方には、さらに自己血輸血が選択肢に挙げられていることに気づきます。「手術を予定している方は、自己血輸血の意義と必要性について医師と相談の上、熟考なさることをおすすめします」という主旨の説明文があり、献血者に対して、献血が自分自身のためでもあることや、自分の体にいたわりの目を向ける大切さを説いているようにも感じられます。

さて、献血当日。市立総合病院内の大会議室に設けられた献血会場の入口で、献血に来た旨を告げるや否や、受付のドイツ人男性に先制パンチをくらいました。
「50kg以下の方は、だめですからね!」

町外れの病院までガソリン代をかけてやってきたのに、「こんにちは」の挨拶よりも前に、この一言。献血デーの横断幕に、あなたの血液が必要です! って書いてあったじゃないの。体重を軽く見てもらえて、悪い気がしなかったのも正直なところですが。

「いやいや、ありますよ。たっぷり50kg」と苦笑いの私に続き、「あるでしょ、この人、背も高いし」とだめ押ししてくれたのは、いつの間にか後ろに並んでいた中年女性。

あわせて読みたい

  • 予防接種、点滴、採血……同日入浴がNGなのは?

    予防接種、点滴、採血……同日入浴がNGなのは?

  • 出会えたらラッキー!? 「ご当地けんけつちゃん」グッズ

    出会えたらラッキー!? 「ご当地けんけつちゃん」グッズ

  • 血を売って起業? 背が低いのは病気? 人間部品産業の驚異

    血を売って起業? 背が低いのは病気? 人間部品産業の驚異

  • コネタの記事をもっと見る 2014年8月18日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース