bit

妊活のつらい時期はどう乗り越える? 笑って泣ける妊活ストーリー

妊活のつらい時期はどう乗り越える? 笑って泣ける妊活ストーリー
『「ベビ待ち」ってなんだよ!』ぐうたらこ (著)/宝島社
齢37歳、奇跡的に嫁に行くことが決まった。なんという幸運! 俺が死ぬまでに嫁に……と笑えない要望を出していたじいちゃん含め一族郎党小躍りしている次第だが、なんとなく次に「子どもどうするんだ問題」が自分の中で出てきた。

いや、あればっかりは授かりものだし頑張っても無理な場合もあるし、こんな年だし、親も年だし、ごにょごにょごにょなんて思っていたが、やっぱりなんだか理由はわからないが、子どもは欲しいな……と思う自分がいることはいる。

本能か母性かなんなのか、細かいところはわからないがうっすらぼんやり妊娠について意識する生活をしていたら、なんと偶然にも妊活に関する書籍をご紹介いただく機会に恵まれた。それが宝島社さんから発行されている『「ベビ待ち」ってなんだよ!』である。

ありがたき幸せ! と早速拝読させていただいたが、静かな社内および帰りの電車で読むのは自爆行為な内容であった。シモ方面の話ゆえ、ある程度の内容は予想していたが、予想を上回る下品さ、お下劣な内容にまとめられていていちいち噴出さずにはいられなかった(褒め言葉です)。

こちらの書籍は、アメーバブログベビ待ち部門一位常連の「不妊ってなんだよ!(怒)」の内容をまとめて書籍化したものであるが、どのような経緯で書籍化に至ったのか編集の下村さんに聞いてみた。

「偶然、ぐうたらこさんから企画持ち込みのお電話を頂いたのがご縁です。そのとき、編集部には誰もおらず、たまたま私が電話を取りました。私は普段、ミステリー小説をメインに編集しているため、本来であれば、即座に別の編集部をご案内するのですが、なんとなく、たまたま彼女のお話を伺いました。よくよく伺うと、『不妊のブログを……』とおっしゃるではありませんか。私は、『不妊ってなんだよ(怒)』の愛読者でした。あまりの偶然に、自分の胸が震えるのがわかります。ぐうたらこさん本人だ! とピンときました。いきなりガッツキだしたら気持ち悪いので、『よかったら、詳しいお話を伺わせてください』と冷静に言うのが、私は精一杯でした。『これはすごい縁だ、絶対に本を出版しなければならない』と使命感に激しく燃えたのを、いまでも明確に覚えています」

あわせて読みたい

  • "和田勉"風の赤ちゃんが多い理由

    "和田勉"風の赤ちゃんが多い理由

  • 人生最初のプレゼント、なにを贈りますか?

    人生最初のプレゼント、なにを贈りますか?

  • コネタの記事をもっと見る 2014年8月25日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら