bit

“ぬぅ”っと妖怪や幽霊が現れる「すっぽん」ってなに?

静岡県浜名郡舞阪町にある浜松湖といえば、「すっぽん」養殖発祥の地として知られている。そんな舞阪町が、すっぽん養殖100周年を記念して2000年に「すっぽんの日」を制定。“月とすっぽん”のことわざにちなんで十五夜の日が選ばれた。

舞阪町観光協会有志は今年も「すっぽんの日」を祝し、9月6日に開催された「浜名湖すっぽん元気まつり」ですっぽんの身やだしを使ったスープを市民に提供したという。なんとも贅沢なお祭りだ。
“ぬぅ”っと妖怪や幽霊が現れる「すっぽん」ってなに?

中秋の名月といえば美しい月に目がいってしまいがちだが、この季節はすっぽんにも脂が乗り、栄養価が高く食べごろの時期なのだとか。すっぽんといえば精力増強のイメージが強いが、豊富なコラーゲンで美容効果も期待されている。食欲の秋にはもってこいの食材なのだ。

■妖怪が現れる「すっぽん」!?
そんな「すっぽん」、じつは食欲の秋だけでなく、「芸術の秋」を楽しむ際にも注目したいところ。歌舞伎ファンの中には「食べないすっぽん」を想起する人もいるはず。それが“幽霊”や“妖怪”が現れるという、「すっぽん」だ。
“ぬぅ”っと妖怪や幽霊が現れる「すっぽん」ってなに?

日本の伝統芸能である歌舞伎、その舞台装置は長い歴史とともに進化を遂げてきた。そんな歌舞伎の舞台装置に欠かせないものといえば、舞台の床の一部がくりぬかれ、奈落(舞台の床下にある空間)から舞台上にせり出してくる「迫・迫り(せり)」と呼ばれる装置だ。

歌舞伎の世界では、すでに18世紀の半ばから「迫り」が存在しており江戸時代には人力で大道具や役者を昇降させていたのだという。その「迫り」のなかでも、“幽霊”や狐が人間に化けた“妖怪”などが現れる「迫り」が「すっぽん」と呼ばれる。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク