review

植松伸夫「すぎやま先生に、オペラ何も知らずに書いたろうって」FF秘話も満載、小説誌のゲーム特集

植松伸夫「すぎやま先生に、オペラ何も知らずに書いたろうって」FF秘話も満載、小説誌のゲーム特集
『小説すばる』2014年10月号<br />「あのころ、ゲームに夢中だった」特集!
“本日、SEGAは大きな決断をしました。”
「玉音放送」と呼ばれる文章だ。
セガが、家庭用ゲーム機の製造事業から撤退を発表したときのテキスト。
“そもそも奇妙なのは、こんな内容の文章が、プレスリリースや株主向けの広報などではなく、「SEGAを応援してくださるみなさん」に宛てて書かれているという事実だ。”
『僕たちのゲーム史』のさやわかによるセガ論「セガはいつも僕たちの仲間だった」は、この「玉音放送」の謎を巡るセガ論だ。
“なぜ、この文章はこのように書かれたのか。
そして、これが「玉音放送」だというのならば、彼らの戦いとは、そして敗戦とは、一体何だったのか。”

セガと、セガのファンが共有していた理想と思想と「どっか抜けてる」ところを、数々の資料と証言で語っている。
掲載誌は『小説すばる2014年10月号』
小説の雑誌なのに、特集が「90年代ゲームのいろいろ あのころ、ゲームに夢中だった」だ。
なぜ、いま、小説誌で!? (もうひとつは、ちゃんと「北方謙三 兵飛伝」特集だ)
特集の扉には、“今年は「セガサターン」&「プレイステーション」の発売20周年です”と理由が書いてある。
が、完全に担当の人がゲーム大好きだろ、って感じの熱を放射してる特集なのだ。

内容が、ガチだ。

エッセイ「私がハマった90年代ゲーム」の著者名と登場するゲームタイトルを書き出してみる。
宮部みゆき『フィロソマ』『ヴァンダルハーツ』『ゼロ・デバイド』『パンツァードラグーン』『moon』『バウンティーソード・ファースト』『クロックタワー』『セプテントリオン』『アウターワールド』『月花霧幻譚』『エコーナイト』『ジャンピングフラッシュ』

あわせて読みたい

  • 途中までは神ですよ、百点満点。映画「まどか☆マギカ」最速沸騰座談会レポ1

    途中までは神ですよ、百点満点。映画「まどか☆マギカ」最速沸騰座談会レポ1

  • 「艦これ」の魅力はおもてなさないところ。高級ホテルではなく居酒屋なのだ

    「艦これ」の魅力はおもてなさないところ。高級ホテルではなく居酒屋なのだ

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2014年9月19日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら