《先生、ドラえもんには必ず、しずかちゃんの入浴シーンが出てくるけど、先生はスケベなの?》

「ドラえもん」の作者・藤子・F・不二雄(藤本弘)にあるとき、こんな質問がぶつけられたことがあった。それは、「大人だけのドラえもんオールナイト」というイベントでのこと。このイベントは毎年春のドラえもん映画の新作の公開にあわせて、過去の作品をいくつか朝まで上映するというもので、1985年より始まった。藤本はそこで原作者としてあいさつに立っていた。

観客はもちろん18歳以上ばかりで、小中学生はいない。集まったなかにはスーツ姿の人やオタクっぽい人もいたものの、それ以上に革ジャンを羽織り、腰から鎖をジャラジャラさせた柄の悪い連中が目についたらしい。先の質問は、あいさつが終わったとき、ふいに客席から飛び出したものだった。それに対し藤本は笑いながら、こう切り返したという。

《君たちと同じです》

それからしばらく観客とのあいだでやりとりが続き、当初10分の予定だった藤本の登壇時間は30分もオーバーした。会場に同行した、アニメ版「ドラえもん」を制作するシンエイ動画の楠部三吉郎(当時、営業担当の専務。のち代表取締役、会長)は、そのとき初めて藤本が破顔するのを見たと、著書『「ドラえもん」への感謝状』に書いている。楠部の記憶に残る藤本は、お茶目だけれども、喜怒哀楽を前面に出すことはなく、いつも柔和な表情で、どんなときでも平然としていた。それだけに、イベントで相好を崩しながら観客と話を交わす姿は意外に感じられたのだ。