2014年9月22日から、一部の人が待ち望んでいた「Kindle Cloud Reader」の日本語版サービスがAmazonより提供されました。これはパソコンのブラウザからKindleの書籍を読めるというものです。海外では2011年から提供されていたのが、ようやく日本でも実現したのです。

でも、まだサービスが始まったばかりで、できることとできないことがあります。詳しく見ていくことにしましょう。

■何ができるの?

Kindleで購入した本をブラウザで読めます。今まではKindle端末および、iOS版やAndroid版のアプリでしか読めなかった本を、パソコンのブラウザで開けるようになりました。もちろんiOSやAndroidのブラウザからでも読むことができます。

https://read.amazon.co.jp/のサイトにアクセスし、Amazonで使っているメールアドレスとパスワードを入力すると起動します。

このとき、ブラウザで「このWebサイトがお使いのディスク上の領域を使用することを許可しますか?」というメッセージが出ます。これは、いったんクラウド上(つまり、Amazonのサーバーの中)にある購入した本を、一度自分のパソコンにダウンロードしてから読む仕組みのためです。これにより、ダウンロードした本はインターネットにつながっていないオフライン状態でも読めるのです。

なお、最初は100MBを要求され、大抵の本だとこれで間に合うのですが、画集のように100MBよりもサイズが大きいファイルだとさらに大きなサイズを要求され、許可すれば読めるようになります。なので、サイズの大きな本をたくさん買っている人も安心です。

この記事の画像

「パソコンでもKindleの本が読める「Kindle Cloud Reader」の使い方解説」の画像1 「パソコンでもKindleの本が読める「Kindle Cloud Reader」の使い方解説」の画像2 「パソコンでもKindleの本が読める「Kindle Cloud Reader」の使い方解説」の画像3