bit

東浩紀さん、思想家ってなにする人ですか? ゲンロンカフェで本人に聞いてみた

東浩紀さん、思想家ってなにする人ですか? ゲンロンカフェで本人に聞いてみた
現代日本を代表する思想家の東浩紀氏。デビュー本『存在論的、郵便的 ジャック・デリダについて』(1999年)で鮮烈なデビューを果たして以来、エッヂの効いた発言を続けている。作家としても『クォンタム・ファミリーズ』(2009年)で三島由紀夫賞を受賞。株式会社ゲンロン 代表取締役。

自称思想家という人はなんだか残念で香ばしい香りがすることが多いのに、思想家を実際に生業(なりわい)として いる人からは一通りでない覚悟が感じられることが多いのは気のせいでもあるまい。

そもそも思想家とはなにをする人なのだろうか?

「僕もよくわからないんです。聞かれると困っちゃうんですよね(笑)」

最新刊『弱いつながり 検索ワードを探す旅』(幻冬舎)が好調で、新しいファンを獲得している思想家の東浩紀は苦笑いをする。
(前編のコネタはこちらから)

東浩紀さん、思想家ってなにする人ですか? ゲンロンカフェで本人に聞いてみた
『弱いつながり 検索ワードをさがす旅』(東浩紀著/幻冬舎)。ネットの普及により却って自由を奪われてしまった現代人に、観光でもいいので積極的に旅にでるべきと説く思想家・東浩紀氏の最新刊。


「たとえば今回の僕の本の内容で言えば、人々はリアルの人間関係が強くてネットの人間関係は弱いと思っているけど、それって逆でしょ?と言うわけですね」

しばしの黙考の末、言葉を選びながら東は答える。

「そういう問題提起によって、人々は『ああ自分たちはネットによって不自由になっていたんだ』と気が付くわけです。見方を変えてあげることによって普段見えなくなっているものを見させるのが思想の大きな役割だと思います」

1990年代のデビュー以来、論壇の中心で大きな存在感を示し続けた東は、かつて批評家や評論家という肩書きも用いていた。しかし近年は「作家/思想家」という二つの肩書きに収斂(しゅうれん)させている。批評家や評論家を名乗らなくなったのはなぜなのだろう。

「批評家というと客観的なイメージがあると思うんです。『世の中こういうところが間違っていて、もっとこういうことが必要でこういう対策を立てるべきだが、現政権はうんぬん』というのが批評家のイメージだと思います。でも僕にとってそういうことはあまり重要なことではないんです」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月8日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。