review

日本一達成、秋山幸二監督の勇退に秘められた決断

日本一達成、秋山幸二監督の勇退に秘められた決断
「自分の口で『やめる』と言えることは幸せなことなんじゃないかってね。まだまだ単位不足かもしれないけど」(秋山幸二『卒業』より)。
前代未聞の「守備妨害」というエンディングで福岡ソフトバンクホークスの優勝が決まった2014年のプロ野球日本シリーズ。だが、前代未聞はもう1つある。

この日本シリーズを最後に勇退することが決まっていたソフトバンクの秋山幸二監督。過去、日本シリーズを指揮して勇退したケースは、1954年の中日・天知俊一監督がいるが、勇退を表明したあとに日本一になったのは、今回の秋山監督がプロ野球史上初になる。

「福岡の地で3連勝できた。ファンの皆さんの前で日本一になれたのはうれしい。最高です」
そう語った秋山監督は、有終の美を飾るべく、ファンの前で10回も胴上げされた。

リーグ優勝したときは涙を流していたが、今回は涙がなかった。それどころか、シリーズ中、何度となくベンチの様子がカメラに抜かれても、そこにはあいかわらず若々しく、そして戦う監督とは思えないほど穏やかな姿があった。

なぜ、結果を残したのに監督を退くのか? 決断の裏には何があったのか? そのヒントになりそうな記述が、2002年の現役引退後に刊行された自著『卒業』(西日本新聞社)の中にある。

本書の中では、自身のことを《無口で寡黙でシャイ……。現役時代、わたしは周囲からこう呼ばれていた。いつも淡々とプレーし、グラウンドでは喜怒哀楽を出さない男の代名詞ともいわれた》と冷静に自己分析している秋山。

ただ、普段の寡黙ぶりとは裏腹に、現役引退を決意した理由はしっかり記されている。

あわせて読みたい

  • 頑固でマイペースでひょうきん者。野球殿堂入り、野茂英雄の素顔

    頑固でマイペースでひょうきん者。野球殿堂入り、野茂英雄の素顔

  • 『あぶさん』完結宣言で振り返る、景浦安武の野球人生

    『あぶさん』完結宣言で振り返る、景浦安武の野球人生

  • 「長嶋を呼べ」「巨人を許すな」西武王国総帥・堤義明の凄み『西武と巨人のドラフト10年戦争』

    「長嶋を呼べ」「巨人を許すな」西武王国総帥・堤義明の凄み『西武と巨人のドラフト10年戦争』

  • わずか9年で日本一『楽天イーグルス 優勝への3251日』

    わずか9年で日本一『楽天イーグルス 優勝への3251日』

  • レビューの記事をもっと見る 2014年10月31日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら