review

「その瞬間! この宇宙は蟹缶になってしまう」発想の天才、赤瀬川原平を追悼3■貧乏性という超芸術

       
より続く
■日本のなかの世界――地図のアナロジー
赤瀬川原平は1937年、香港で生まれた。その後、海運関係の倉庫会社で働く父の転勤にともないイスタンブール、カイロと転々とし、やがて落ち着いたエチオピアで幼稚園から高校入学まですごした。高校時代にはクウェートに引っ越し、さらに武蔵野美術学校(現・武蔵野美術大学)に入るため北京に上京……と、ここまで書くと、ムサ美が北京にあるわけないだろ! とツッコミが入ることだろう。

タネ明かしをすれば、これは1985年に赤瀬川がある雑誌の対談で、日本地図を世界地図に見立てながら自身の足跡を語ったものである。その元ネタは、大本教の教祖である出口王仁三郎の『大本神歌』で、そこでは北海道は北アメリカ、本州はユーラシア、四国はオーストラリア、九州はアフリカの各大陸に見立てられていた。上記の地名も、赤瀬川の出生地とされた香港は横浜、イスタンブールは芦屋、カイロは門司、エチオピアは大分、クウェートは名古屋、そして北京は東京に符合する。

赤瀬川はこの地図のアナロジーを、対談相手の四方田犬彦(比較文化・映画研究者)から教えられたという(対談も四方田の著書『赤犬本』に再録されている)。のちに自著『優柔不断術』(1999年)でもこのアナロジーをとりあげた彼は、これは科学ではなく、イメージ上の遊びだとしたうえで次のように書く。

《でも形のアナロジーがあり、風土のアナロジーがあり、やはり不思議な入れ子構造というか雛型構造が、見ようとすれば見えるのである。/自国が世界の中心であるという考えは、どこの国でもあるだろう。それが国粋主義やその他に発展したりもするわけだが、この場合はそういう観念の固まりとは違って、実物照合の糸口があるところに、何かしらクリアーな不思議を感じるのである。自国を神秘化するのは一方で危険なことではあるのだけど、でもこの自国をただの自国としてすませるわけにはいかない。自国一般以上の自国として、この国の研究課題は多い》

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年11月18日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。