bit

お値段453万円、縦幅は1メートル! すべてが規格外の本『アメリカの鳥』とは

この金額を見たら、誰もが「え?」と思うはず。
全4巻セット¥4,536,000(税込)
まず、「4巻ってことは……この値段で本なの?」と思うし、「いち、じゅう、ひゃく、せん、まん……よ、四百万?」と数えてしまった人もいるだろう。

このあまりに規格外な価格の本は、2014年10月に発売になった『アメリカの鳥』(雄松堂書店デラックスファクシミリ版)。ちなみにファクシミリ版とは、オリジナルを忠実に再現した「複製本」のことで、決してFAXでウィ~ンと送られてくるわけではない。
お値段453万円、縦幅は1メートル! すべてが規格外の本『アメリカの鳥』とは
『アメリカの鳥』の製本版全4巻セット。用紙は1899年の創業の紙の専門商社「竹尾」のオーダーメイドのものを使用。製本は京都の老舗「大入」がオンデマンドで行う。

では何がデラックスなのかというと、そのサイズ。この本、縦が1メートル、横が68センチメートルという超大判で、そこにはタイトル通りアメリカの鳥たちがデカデカと描かれているそうなのだ。
お値段453万円、縦幅は1メートル! すべてが規格外の本『アメリカの鳥』とは
持ち運ぶのも二人がかり!

これは現物を一度見てみたい……と思い、発売元の雄松堂書店を訪問。制作・販促を担当しているサブジェクト営業部 国際事業室の松野夏生さんに話を伺った。

そもそも『アメリカの鳥』とはどんな本なのだろうか。調べたところだと、ジョン・ジェームズ・オーデュボンという人の19世紀の作品で、収められた図版は435点。ペリー来航時には日本政府にも寄贈されたそうだが……。

「オーデュボンは1785年にハイチで生まれ、画家、科学者、自然愛好家として知られる人物です。『アメリカの鳥』は、彼がアメリカに渡った後で描きためられた北米の鳥の水彩画の作品をもとに、1827年から11年間かけて彩色版画で出版されました。その大きさは当時でも異例で、実物大の鳥たちが自然の中でいきいきと躍動する姿を描いたことも画期的でした」

あわせて読みたい

  • ブックオフで買い取れない本とは

    ブックオフで買い取れない本とは

  • みんなが知らないカオスな台北が満載のガイドブック

    みんなが知らないカオスな台北が満載のガイドブック

  • 難しい哲学をビジュアル化した本

    難しい哲学をビジュアル化した本

  • 緻密でリアル!空想で作られた地図

    緻密でリアル!空想で作られた地図

  • コネタの記事をもっと見る 2014年12月5日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース