bit

自分の部屋の壁が壊された! 日本ではありえない!? パリの住宅トラブル

       
■自分の部屋の壁が壊される
雑な工事は私の家でも起きた。ある日、隣の部屋がリフォームを行い、業者は隣室のさまざまな仕切り壁を壊していた。嫌な予感はしていたが、勢いあまって私の部屋との境にある壁も壊してしまった。そのため、わが家のトイレと隣のリビングが一体になった。応急処置のための仕切りが作られるまでにも数日間かかり、その間私は、隣人のリビングとつながったトイレで(改装中のため工事業者しかいなものの)、用を足さねばならなかった……。

例え壁があったとしても、近所との相性はとても大事だ。フランスの集合住宅は日本と比べて壁が薄いことが多く、隣室の会話や生活音が丸聞こえである建物も多い。知人が住んだ部屋は、隣人が仕事で毎日夜遅く帰宅する人で、深夜3時くらいにいつも料理をしていたという。壁が薄いのでガチャガチャという音は聞こえてくるし、隣との壁際にあった友人のベッドに振動も来ていたそうで、とうとう耐えきれずに引っ越した。

また別の知人が入居した物件は、建物内に部屋を持つ各家主が建物の管理費を払っておらず、管理業務が破綻していた。そのため定期的なネズミやゴキブリの駆除も行われず(フランスは特にネズミが多い!)、建物はそれら小動物の温床に……。

フランスでは、決められたことをきちんと履行しないケースによく出合う。一度決めた規則は基本的に守る日本から来ると戸惑ってしまうが、裏を返せば、決まっていることでも覆る可能性も往々にしてあるということ。自分が何かしたいと思うことがあり無理だと言われた場合でも(例えそれが役所の手続きなどでも)、筋道だって粘り説明すれば通るのがフランス。捉え方次第なのだ。でも、やはり家は落ち着いて住みたいかな。
(加藤亨延)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年12月11日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。