review

ミステリ通大絶賛、今年のベストミステリ『その女アレックス』は本当に面白いのか

ミステリ通大絶賛、今年のベストミステリ『その女アレックス』は本当に面白いのか
『その女アレックス』ピエール・ルメートル著/橘明美訳(文春文庫) 今年のミステリランキング1位を独占。
『その女アレックス』が「史上初の6冠達成!」で話題になっている。
宝島社のムック「このミステリーがすごい!2015」の海外部門第1位
「週刊文春ミステリーベスト10」海外部門第1位
『ハヤカワ ミステリマガジン』「ミステリが読みたい!」海外編第1位
「IN☆POCKET文庫翻訳ミステリー・ベスト10」第1位、
さらに英国の「英国推理作家協会 インターナショナル・ダガー賞」、フランスの「リーヴル・ド・ポッシュ読書賞」を受賞。
ミステリ小説をたくさん読む人たちが大絶賛する『その女アレックス』は、本当におもしろいだろうか?

ここで警告。
ネタバレはしない。
が、
帯に書いてあるようなことや、他のベスト10で書かれたコメントにあるようなレベルのことは書く。
『その女アレックス』を読むなら、まったく何も知らないまっさらな状態で読むのが一番楽しいと思う。
ネタバレはしない。
しないけど、もう買ってて、「これから読むよ!」という人は以下を読まずにいきなり本を開くのがベストだ。

というわけで、書く。

ぼくが買った文庫本の帯にはこう書いてあった。
「あなたの予想はすべて裏切られる!」
「慟哭と戦慄の大逆転サスペンス」
「大反響! たちまち増刷!」
「絶賛の声、続々!! 詳細は帯ウラを参照」
帯ウラを見ると、
「ミステリーの通たちから驚愕と絶賛の声!」
「緊張感に溢れ、攻防から目が離せなくなる」−池上冬樹(文芸評論家)
「衝撃度はまず半端ではない」

あわせて読みたい

  • 村岡花子が訳さなかった「赤毛のアン」

    村岡花子が訳さなかった「赤毛のアン」

  • 海外ドラマの底力を観よ「BRUTUS」

    海外ドラマの底力を観よ「BRUTUS」

  • 2013年、問答無用でおもしろい本ベスト10

    2013年、問答無用でおもしろい本ベスト10

  • わくわくが止まらない、海外ミステリーで読むべき100冊ガイド

    わくわくが止まらない、海外ミステリーで読むべき100冊ガイド

  • レビューの記事をもっと見る 2014年12月12日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら